• 会員限定
  • 2023/11/16 掲載

生成AIが進化した「Pixel8シリーズ」がスゴすぎる、いよいよiPhoneを超えた?注目の機能

連載:デバイス新潮流

記事をお気に入りリストに登録することができます。
10月に登場したグーグルの最新スマートフォン「Pixel 8」シリーズ。ディスプレーやカメラが進化しているが、最も注目されているのがAI関連機能だ。スマートフォンとは思えないような高度な画像編集が可能で、生成AIによって被写体を動かしたり、大きさを変えたりすることもできる。先日発表されたクアルコムの最新チップセットも生成AI対応をアピールしており、多くのAndroidスマートフォンメーカーが採用予定だ。ソフトバンク孫氏、KDDI髙橋社長も語るように、2023年度末から24年度のスマートフォンはAIがキーワードになりそうだ。

執筆:フリーランスライター 房野 麻子

執筆:フリーランスライター 房野 麻子

大学卒業後、新卒で某百貨店に就職。その後、出版社に転職。男性向けモノ情報誌、携帯電話雑誌の編集に携わった後、2002年にフリーランスライターとして独立。モバイル業界を中心に取材し、Web媒体や雑誌で執筆活動を行っている。最近は人事・総務系ジャンルにもチャレンジしている。

photo
10月12日に発売されたGoogle Pixel 8とPixel 8 Pro
(写真:筆者撮影)

円安には逆らえず…3万円以上値上がりした最新Pixel

 グーグルが自ら開発し、販売するAndroidスマートフォン「Pixel」シリーズの最新版「Pixel 8」と「Pixel 8 Pro」が10月に発売となった。

 Pixelシリーズはグローバルで販売されているが、特に日本での人気が上昇している。香港の調査会社Counterpoint researchによると、グーグルは2023年第1四半期にシャープを抜き、日本のAndroidスマートフォン市場のメーカー別シェアで1位となった。

 また、同じく第1四半期において、Pixelシリーズの国別出荷台数シェアで日本が34%と1位だった。コロナ禍以降、新しいPixelが登場する折りには、グーグルから担当者がわざわざ来日して日本の報道関係者に説明する機会が設けられており、期待の大きさがうかがえる。


 ただ、BCNの調査によると、販売についてはPixel 7/7 Pro発売直後の動きよりも鈍いようだ。要因の1つは価格が上がったことだろう。Pixel 8/8 Proは、Pixel 7/7 Proの発売時価格より上昇している。

 グーグル ストアの価格で比較すると、Pixel 7(128GB)が8万2,500円(税込み。以下同)だったところPixel 8は11万2,900円、Pixel 7 Proが12万4,300円だったところPixel 8 Proは15万9,900円と3万円以上値上がりしている。

 米国での価格も上がっており、高機能化や部品の値上がりが影響している部分もあるが、さすがのグーグルも円安にはあらがえなかったようだ。

 注目は、例年通りなら来年5月に登場する廉価版の「Pixel 8a」がどうなるかだ。Pixel 6aやPixel 7aは標準やProモデルと同じTensorチップを使っているため、それほど使い勝手に差がなく、なのに5万円台、6万円台という非常に買いやすい価格。Pixel 8aが登場すれば、Pixel 8/8 Proより安くなるのは確実で、それを待っているユーザーは多そうだ。

Pixel 8シリーズはさらに生成AIが進化

 Pixel 8シリーズの特徴として、標準モデルのPixel 8はディスプレーが小さくなるに伴って前モデルよりも一回り小さく、軽くなった。両モデルともカメラのスペックが全般的に向上し、Pixel 8 Proには温度センサーが搭載されたり、撮影時の細かい設定が可能な「プロ設定」がカメラに追加されたりと、さまざまな部分で進化しているが、最大のポイントは「AI」だ。

 Pixel 8/8 Proとも、プロセッサは新たにTensor G3が搭載され、グーグル AIの最先端技術を利用できる。Pixel 6に搭載された第1世代のTensorと比較すると、Pixel 8シリーズはデバイス上で2倍以上の機械学習モデルを処理できるという。

 そのパワーを活用して、音声、動画、写真に驚くような機能が追加されている。たとえば写真に写り込んだ不要なものを消してしまう「消しゴムマジック」がアップデートされ、生成AIによって被写体の位置や大きさを変更したりして、本来撮りたかった写真に仕上げることができる「編集マジック」も近日提供予定だ。

画像
Googleフォトの編集機能として、被写体となった人たちの顔を、最もいい表情で構成し直してくれる「ベストテイク」機能も加わる
(写真:筆者撮影)

 スマートフォンという小さなデバイスの中で、ハイスペックなパソコンで行うような処理が指1本で簡単にできてしまうことに驚かされる。 【次ページ】ソフトバンク孫氏、KDDI髙橋社長語るAIの進化とスマホ

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます