• 会員限定
  • 2024/02/09 掲載

ソフトバンク「月々1円」端末のカラクリ、スマホ割引規制でもなぜ可能か?

連載:デバイス新潮流

記事をお気に入りリストに登録することができます。
総務省のガイドラインが2023年12月27日に改正され、スマホの割引上限が2万2,000円から4万4,000円に変わった。同時に「白ロム割(端末単体の購入での割引)」も規制対象になり、基本的に一括1円端末は不可能になった。しかし、この省令改正に伴いソフトバンクが「月々1円」端末を登場させた。一体どういうカラクリなのだろうか。

執筆:フリーランスライター 房野 麻子

執筆:フリーランスライター 房野 麻子

大学卒業後、新卒で某百貨店に就職。その後、出版社に転職。男性向けモノ情報誌、携帯電話雑誌の編集に携わった後、2002年にフリーランスライターとして独立。モバイル業界を中心に取材し、Web媒体や雑誌で執筆活動を行っている。最近は人事・総務系ジャンルにもチャレンジしている。

photo
省令改正によりスマホの廉売を防ぐという総務省の狙い通りになるのだろうか
(Photo/Shutterstock.com)

スマホの割引上限規制が改正、割引上限が4万4,000円に

 2023年末、家電量販店の携帯電話売り場では、12月26日までの購入を促すポスターが目立つように貼られていた。

 これは、総務省の「日々の生活をより豊かにするためのモバイル市場競争促進プラン」や、競争ルールの検証に関するワーキンググループが公表した「競争ルールの検証に関する報告書2023」を受けて、スマホの割引上限規制が2023年12月27日に改正されることが決まっていたからだ。

 それまで携帯電話端末の割引額は、上限が税込み一律2万2,000円だったが、それが原則4万4,000円までに引き上げられた。なお、4万4,000円から8万8,000円までの端末は価格の50%、4万4,000円以下の場合は2万2,000円が上限になっている。

 割引額が上がったのだから端末を安く購入できるようになるように思えるが、そう単純ではない。というのも、端末単体の購入で割引される、いわゆる「白ロム割」も規制対象になったからだ。回線契約とセットで販売する端末は、すべての割引を含めて上限が4万4,000円となった。

画像
割引上限規制が2023年12月27日から改正され、画面右下のように「白ロム割」も規制された
(出典:総務省電気通信事業法施行規則等の一部改正(「競争ルールの検証に関するWG」の議論を踏まえた規定整備))

「白ロム割」が不可、“一括”「1円端末」は消滅へ

 これまで一括1円や数十円、数百円で端末を購入できたのは、白ロム割があったから。今回のガイドライン改正では、この白ロム割も割引上限規制の範囲に含めることとなり、結果、4万4,000円以上の端末割引はできなくなった。結果的に“一括”「1円端末」は不可能になる。そこで、家電量販店はお得にスマホを買うなら「12月26日までに!」と叫んでいたわけだ。

 ただ、多くのユーザーはスマホを分割払いで購入している。24カ月後などに端末をキャリアに返却することで実質負担金を抑える端末購入補助プログラム(ドコモは「いつでもカエドキプログラム」、auは「スマホトクするプログラム」、ソフトバンクは「新トクするサポート」、楽天モバイルは「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」)を利用して端末を購入している人がほとんどだろう。


 これらの購入補助プログラムは、車の購入でもおなじみの残価設定型ローンとほぼ同様。最近は残価を高く設定してユーザーの実質負担額をさらに抑えるプログラムが適用されている端末もある。設定されたタイミングで忘れずに端末をキャリアに返却してしまえば、ユーザーが払う金額は非常に安く済む。

 ただ、ガイドライン改正で、購入補助プログラムによる割引も上限規制に関わってくるようになった。ガイドラインにのっとって、各社は将来の端末買取予想価格をWebサイトに掲載しているが、その価格と一般的な中古端末の買取価格との差額が割引として見なされるようになった。

画像
各社とも将来の買取予想価格を掲載している。これはソフトバンクのもの。PDFで用意されているが非常に見づらい
(出典:ソフトバンク)
【次ページ】ソフトバンクの「月々1円」端末の驚きの仕組み

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます