開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2011/09/01

国内スマートシティ関連IT市場、年20%の成長 復興需要等で上方修正

国内スマートシティ関連IT市場(ハードウェア、ソフトウェア、ITサービスを含む)の支出額規模は2010年が2,461億円、2011年が2,845億円(前年比成長率15.6%)で、2010年~2015年は年平均成長率19.7%で拡大する──IDC Japanが発表した。

関連記事
 IDC Japanは1日、国内スマートシティ関連IT市場の2010年支出額実績値および2015年までの予測を発表した。同社では、さまざまな社会インフラ(エネルギー、水資源、通信、交通、建物、公共サービス)を垂直統合して、より効率的で持続的な都市のあり方を実現する概念を「スマートシティ」と定義している(参考リンク:スマートシティとは)。

 これによると、国内スマートシティ関連IT市場(ハードウェア、ソフトウェア、ITサービスを含む)の支出額規模は2010年が2,461億円、2011年が2,845億円(前年比成長率15.6%)で、2010年~2015年の年平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は19.7%で、2015年には6,043億円へ拡大すると予測している。

 東日本大震災を契機に、大規模災害に強い広域分散型ネットワークやクラウドデータセンターなど、スマートシティの安全性/信頼性を支えるソリューションへの需要が高まるとともに、復興支援策の一環としてスマートグリッドネットワーク導入が前倒しで進むことから、前回予測(2011年1月時点)よりもCAGRを2.4ポイント、2015年の市場規模を691億円上方修正しているという。

photo
国内スマートシティ関連IT市場投資額 予測:2010年~2015年

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

お勧め記事

新エネルギー ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!