開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/10/02

富士通、タイでプライベートクラウドサービスを開始 3年で100社

富士通と同社のタイの現地子会社であるFUJITSU SYSTEMS BUSINESS(THAILAND)は2日、タイで運営しているデータセンターから、プライベートクラウド環境を提供するサービスを本日より開始すると発表した。ICT環境をスモールスタートで迅速に構築したい企業や、サーバなどを自社で保有せずサービスとして利用したい企業、さらにタイに新規進出する際のICT初期投資を最小限に抑制したい企業向けに3年で100社を目標に提供するという。

 富士通ではこれまで、4つのデータセンターを中心に国内68拠点、海外40拠点超、計100拠点以上でデータセンター事業を展開している。そのうち国内2拠点、海外はイギリス・ドイツ・シンガポール・オーストラリア・アメリカを中心にクラウドサービスを展開している。

 タイでは、2008年にデータセンターを開設して以来、日系企業を中心に、運用管理サービスなどを提供していたが、昨今、企業のタイ進出がますます活発化する中、現地でのICTサービスやICT基盤が強く求められるようになっていた。また、引き続き懸念される洪水リスクなどへの万全なICT対策についても、ニーズが高まっているという。

 富士通と FUJITSU SYSTEMS BUSINESS(THAILAND)は、従来からタイの企業などに、日本もしくはシンガポールからクラウドサービスを提供していたが、今回タイ国内で運営するデータセンターにプライベートクラウド基盤(ホステッドサービス)を設置し、高信頼のICTサービスを提供することが可能になった。

 本サービスは、富士通が2013年5月14日に発表したクラウド製品・サービス群の新体系「FUJITSU Cloud Initiative(フジツウ クラウド イニシアチブ)」における「FUJITSU Cloud IaaS Private Hosted(フジツウ クラウド イアース プライベート ホステッド)」サービスとなる。

 サービス構成としては、IaaS環境のほか、本IaaS環境に汎用性の高い業務アプリケーションを搭載したメールサービスやERPサービスを含む約10種類のSaaSをそれぞれ提供する。

 対障害性やセキュリティと、高可用の設計・運用サービスを提供しつつ、タイ国内での市場を十分に意識した価格設定を実現したという。システム追加時や変更時には最短5営業日でリソース提供ができる。

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのトピックス

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!