開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/10/07

孫正義氏「eコマースで革命を起こす」、ヤフーが新戦略 出店料や売上ロイヤルティを無料に

キーワードは「無料」と「自由」

ヤフーは7日、同社のeコマース事業における新戦略を発表した。10月から同社のインターネットショッピングサービス「Yahoo!ショッピング」のストア出店料(月額システム利用料)と売上ロイヤルティを無料化するとともに、オークションサイト「ヤフオク!」のストア出店料(月額システム利用料)を同じく無料化する。また、年内をめどに、「Yahoo!ショッピング」において個人の出店を可能にする。

 ヤフーは、大幅な料金改定施策のほか、買い手を増やす集客力の強化も行い、ヤフーの総力をあげて機能改善やプロモーション活動にも力を入れていくという。

 都内でヤフーのeコマース事業の新戦略発表会に登壇したヤフー会長の孫正義氏は「eコマースで革命を起こす」「インターネットで買えない物のない世界をつくる」と意気込みを語った。

 今回、出店料などを無料にすることで、「売り手(ストア)」のECモールへの出店における主要な金銭的負担はほぼゼロになるという。これにより、大手からスモールビジネスまで、これまでさまざまな理由で出店を躊躇していた店舗が新たに参加することが見込まれており、「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」の商品数の拡大ならびに価格競争力の強化が期待できるという。

 また、ストア出店料を無料にすることにより、期間限定の短期営業も可能となるため、たとえば出荷できる時期が限られる第一次産業の産品(農作物や水産物など)や、期間限定販売のイベントグッズなども気軽に販売することができるようになる。

photo
「Yahoo!ショッピング」ストア出店料などに関する変更点

関連記事
 このほか「ヤフオク!」では、個人の出品システム利用料を原則無料化する。これまで「ヤフオク!」がけん引してきた個人間取引(C2C)は、中古市場という新しい巨大流通市場を創造したが、その市場を今回の無料化でさらに拡大していくことを期待しているという。

 さらに、「Yahoo!ショッピング」からの外部リンクを解放する。これは顧客囲い込みが通例であるECモールの常識を打ち破る施策で、これによりeコマース市場を飛躍的に拡大させることを目指すという。

 さらに、これまで5,000円以上の入札には「Yahoo!プレミアム会員」(有料)への登録が必須だった「ヤフオク!」における入札を無料にする。これにより、より多くの人が費用負担なく高額商品への入札ができるようになる。

 なお、「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」において、パトロールのさらなる強化を行うほか、補償制度などの充実もはかる。たとえば、「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」両サービスでの買い物において、郵送時の破損、受取り後の盗難・修理などを補償する制度を「Yahoo!プレミアム会員」向けに追加料金なしで提供する。

photo
安心・安全な取引への取り組み強化施策

 なお、本新戦略の発表を記念し、「Yahoo!ショッピング」で注文時の送料(1,000円まで)をポイントで還元する特別キャンペーンを行うほか、10月8日からは、総額5,000万円分の「Tポイント」が当たるキャンペーンも実施する。また「ヤフオク!」でも、10月7日から、総額5,000万円分の「Tポイント」がもれなくもらえる・当たるキャンペーンを開催する。

Web戦略・EC ジャンルのトピックス

Web戦略・EC ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!