• 会員限定
  • 2013/12/19 掲載

セブン&アイHD 村田紀敏 社長が語る、オムニチャネル時代に変革迫られる小売経営戦略

記事をお気に入りリストに登録することができます。
世界16の国と地域に5万店以上のネットワークを展開するセブン&アイ・ホールディングスは、卓越した情報力をもとに、コンビニエンスストア、スーパーストア、百貨店、銀行、ネットビジネスなど、多様な顧客のニーズに応える業態を擁し、グループシナジーを発揮している。国内外の消費環境が大きな節目を迎えている今、セブン&アイ・ホールディングスはいかなる“将来”を探っているのか、代表取締役社長の村田紀敏氏がPB(プライベートブランド)やオムニチャネル戦略を語った。

フリージャーナリスト 小山 健治

フリージャーナリスト 小山 健治

1961年生まれ。システムエンジニア、編集プロダクションでのディレクターを経て、1994年よりフリーランスのジャーナリスト、コピーライター。企業情報システム、BI、ビッグデータ、IT関連マーケティング、ストレージなどの分野を中心に活動中。著書に、「図解 情報・コンピュータ業界」(東洋経済新報社)、「One to One:インターネット時代の超マーケティング」(IDL)、「CRMからCREへ」(日本能率協会マジメントセンター)などがある。

小売業に求められる役割が変化している

photo
セブン&アイ・ホールディングス
代表取締役社長 最高執行責任者(COO)
村田 紀敏 氏
 セブン・イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、デニーズジャパンの共同株式移転により、2005年9月に設立されたセブン&アイ・ホールディングスは、百貨店、食品スーパー、総合スーパー、コンビニエンスストア、フードサービス、金融サービス、IT/サービスの7つのドメインを中核とした事業を展開している。

 NECが開催した「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2013」の基調講演に登壇したセブン&アイ・ホールディングスの代表取締役社長であり、最高執行責任者(COO)を務める村田紀敏氏は、「私どもの店舗ネットワークは、いまやグローバルで約5万4000店、日本国内で約1万7000店に広がっており、2014年2月期決算においてグループ売上9兆6500億円を計画しています」と、ビジネスの現状を示した。これは2005年2月期との対比で170.8%増となる、まさに目を見張るような拡大だ。

 一方で村田氏は、「足元の消費環境は、決して安閑としていられるものではありません」と気を引き締める。1997年と比べた家計の最終消費支出の推移をみると、医療・保険や家賃・光熱費、交通通信が伸びているのに対して、食料・飲料、衣類・履物などは大きく低下している。また、個人消費額における年齢別割合を見ると、高齢化社会の到来を裏付けるように60歳以上の中高年齢層が全体の44.6%を占めるまでになった。

 加えて、消費者心理にも大きな変化が表れてきている。「とにかく安くて経済的なものを買う」という消費者は、2000年に50%を超えていたのだが2012年には41.2%に低下した。代わって「多少値段が高くても品質の良いものを買う」という消費者が、2000年の40%から2012年には46.4%に上昇しているのである。

 質の良い商品へのニーズ上昇、個食・少量ニーズ増加、家事時間の短縮、食の外部化進行、交通弱者の増加など、マクロ環境変化にともなう顧客ニーズや消費行動の変化の中で、小売業に求められる役割そのものが変化しているのである。「このような環境変化を踏まえた戦略を立てなければなりません」と村田氏は言う。

 そうした中でセブン&アイ・ホールディングスが現在推進しているのが、「質による商品の差別化」と「接客による現場力強化」を柱とした経営戦略である。

小売り主導のイノベーションを起こすPB(プライベートブランド)商品

関連記事
 セブン&アイ・ホールディングスが描く新たな事業のビジョンは、グループの販売力とインフラを活用した、シナジーを発揮することで実現される。2006年11月に発足した「グループMD(マーチャンダイジング)改革プロジェクト」のもとで議論を重ね、2007年に販売を開始したPB(プライベートブランド)商品「セブンプレミアム」は、その象徴的な取り組みだ。

 従来のNB(ナショナルブランド)商品は激しい価格競争にさらされており、差別化を打ち出すことは困難だ。一方で、セブンプレミアムは、それとは明確に異なる商品設計によるもので、小売り主導のイノベーションを呼び起こす基盤とも言える。2010年にはさらに「上質」にこだわり、人気専門店と同等以上の味を追求した「セブンゴールド」も登場した。

「2014年4月から始まる消費増税に対応するためにも、PB商品のさらなる強化は我々にとって最優先課題であり、新しい商品をどう開発していくのか、より価値の高い商品をどう改革していくのかがポイント」と村田氏は方針を示す。

【次ページ】オムニチャネルを制する条件

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます