開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/05/19

ヤフー、イー・アクセスの携帯電話事業の買収を中止 サービスに特化

ヤフーは19日、ウィルコムと合併する予定のイー・アクセスの買収を中止すると発表した。ヤフーは携帯電話のインフラ事業を手がけず、サービスに特化し、協業の形で事業を進めていくという。

関連記事
 ヤフーは3月、ソフトバンク子会社のイー・アクセスの株式を取得し、携帯電話事業に参入すると発表していた。

 しかし、その後ソフトバンクとヤフーで協議を重ねた結果、ヤフーが新会社を子会社化して自らインフラを手がけるよりも、ヤフーはサービス、新会社はインフラというそれぞれの強みを生かした協業の形で事業を進めていくことが望ましいとの結論に至り、本取引を中止することになったという。

 また、ヤフーはヤフーのサービスを組み込んだ商材を新ブランド「Y!mobile」の名称で新会社と共同して展開していく考え。「Y!mobile」で実施する各種取り組みは、ソフトバンクモバイルで展開することも視野に入れて議論を開始するという。

 なお、イー・アクセスは、予定どおり2014年6月1日を効力発生日として、ウィルコムと合併を行う予定。合併後の新会社の社名は、後日、ワイモバイルに変更する。

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのトピックス

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!