開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/07/08

MySQL、Supercell、Linuxなどを創出する“フィンランド流”スタートアップの育て方

フィンランド発のICTスタートアップ企業が元気だ。NokiaやLinux、MySQLといった一世を風靡した“老舗”はもちろん、最近ではソーシャルゲーム開発のSupercellや、2次元仮想空間を提供するSulakeなどの活躍が目立つ。スタートアップ企業を支援するフィンランドのNGO組織「SLUSH(スラッシュ)」の共同創立者ピーター・ヴェスタバッカ氏は、「世界ICTサミット2014」に登壇し、フィンランドのスタートアップ企業支援の取り組みを紹介した。

ITジャーナリスト 鈴木 恭子

ITジャーナリスト 鈴木 恭子

ITジャーナリスト。明治学院大学国際学部卒業後、週刊誌記者などを経て、2001年よりIT専門出版社に入社。「Windows Server World」「Computerworld」編集部にてエンタープライズITに関する取材/執筆に携わる。2013年6月に独立し、ITジャーナリストとして始動。専門分野はセキュリティとビッグデータ。

SLUSH(ぬかるみ)から誕生するスタートアップ企業

photo
SLUSH(スラッシュ) 共同創立者

Rovio Entertainment
Chief Marketing Officer
ピーター・ヴェスタバッカ氏
 ヴェスタバッカ氏はモバイル・ゲームアプリ「Angry Birds」を提供するRovio EntertainmentのCMOであると同時に、スタートアップ企業を支援するNGO組織「SLUSH(スラッシュ)」の共同創立者だ。

 このSLUSHとは、毎年10月~11月頃に開催されるイベントで、スタートアップ起業の経営者や起業を考えている学生らが集うもの。第1回目の開催は2007年。同氏はSLUSH設立の動機を、「ある種の危機感」だったと語る。

 「2007年、学生600人を対象に『起業したいか』を訪ねところ、『したい』と回答したのは3人だけだった。当時のフィンランドには、起業を支援する仕組みも土壌もなく、学生は起業することに対して消極的だった。この現状を打開するために私が考えたのは、起業家と学生たちの出会いの場を設けること。地元(ヘルシンキ)の起業家らと集い、学生らを支援する方法を模索した」という。

photo
2014年のSLUSHは、11月18日~19日に開催される予定

 ヴェスタバッカ氏がこだわったのは、SLUSHを起業が活発な米国シリコンバレーの雰囲気と同じようにするのではなく、“フィンランドらしい”イベントにすること。「11月のフィンランドは寒く、道も“SLUSH(ぬかるむ)”状態。しかし、それでこそオリジナリティがあると考え、コンディションの悪い晩秋の開催とした」という。

関連記事

 こうしたイベントは、政府や行政がトップダウンで開催しても継続性がない。大切なのは、起業家とそれを目指す人々が自らの手で“場”を作り出すことだ。「スタートアップ起業の、スタートアップ起業による、スタートアップ起業のためのイベント。それがSLUSHだ」と、ヴェスタバッカ氏は力説する。

 こうした努力が功を奏し、今やSLUSHは世界中から人が集う巨大なイベントになった。2013年には7000人超が参加し、その中にはSkype創業者であるニクラス・ゼンストローム(Niklas Zennstrom)氏や、ディー・エヌ・エー創業者の南場智子氏なども名を連ねた。「世界的な起業家ネットワークの“ハブ”のような存在」(ヴェスタバッカ氏)までに成長したのである。

【次ページ】SLUSHで語られた「起業の失敗談」

新規事業 ジャンルのトピックス

新規事業 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!