開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/07/11

日本通運、運行管理システム刷新 800拠点1万台のトラック運送を可視化・分析可能に

日本通運は、国内の運行管理システムと作業管理システムを統合し、全国800か所の運送拠点で稼働する1万台のトラックの車両位置・走行速度・積荷状況などの運行情報を可視化・分析可能な新システム「オペレーション支援システム」を導入し、2014年7月より稼働を開始した。

 日本通運では、2004年にデジタル式運行記録計を利用した運行管理システムを導入し、運行管理業務の適正化・効率化や作業費用のローコスト化を進めていた。しかし、運行管理業務のみに使用し、労務管理や諸費用の支払いなどを行うシステムとの互換性がなく、それぞれのシステムで管理を行っていた。そのため、同じ情報を別々のシステムに入力しなければならないなどの重複作業が必要だった。

 また、当時に比べIT技術の進歩により、作業状況などの情報も多様化しており、さまざまな作業に関わる情報を一括で管理できる環境の構築が課題となっていたという。

 そこで、同社は、2011年6月からこれらの課題を解決し、作業計画の立案や実績管理、後方事務などの効率化・品質向上を図るため、オペレーション支援システムの開発を推進してきた。

 今回稼働を開始した新システムでは、グループ企業も含む、全国800の運送拠点で稼働する1万台のトラックなどに専用のスマーフォンを配備し、スマートフォンと連動するデジタル式運行記録計を搭載した。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

物流管理・在庫管理・SCM ジャンルのトピックス

物流管理・在庫管理・SCM ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!