開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/07/15

Dropboxが3億人のユーザーを獲得、「フリーミアムモデル」が成立するための3つの共通点

Dropboxは、複数台のコンピュータやスマートフォンをまたがってファイル管理・同期・共有ができるオンラインストレージサービスです。その高い利便性により、3億人のユーザーと2億ドルの売り上げを記録する会社へと急成長を遂げました。同社が成長した要因のひとつには「フリーミアムモデル」というビジネスモデルを採用したことが挙げられます。優れた無料サービスを提供することでファンを作り、口コミや招待により更なるユーザー数の拡大を実現するフリーミアムモデルのメリットとデメリットを見ていきましょう。

在スペイン コンサルタント 佐藤 隆之

在スペイン コンサルタント 佐藤 隆之

Mint Labs製品開発部長。1981年栃木県生まれ。2006年東京大学大学院工学系研究科修了。日本アイ・ビー・エムにてITコンサルタント及びソフトウェア開発者として勤務した後、ESADE Business SchoolにてMBA(経営学修士)を取得。現在は、スペイン・バルセロナにある医療系ベンチャー企業の経営管理・製品開発を行うとともに、IT・経営・社会貢献にまたがる課題に係るコンサルティング活動を実施。Twitterアカウントは@takayukisato624。ビジネスモデルや海外での働き方に関するブログ「CTO for good」を運営。

「USBドライブなんていらない」を目指したDropbox

photo
 Dropboxは、ドリュー・ヒューストン氏によって2007年に設立されたスタートアップ企業です。

 創業当初、ドリュー氏は「Throw away your USB drive (USBドライブなんていらない)」というスローガンを掲げてプロジェクトを開始。その解決策として、オンラインストレージサービス「Dropbox」を開発しました。

 Dropboxの機能は、オンライン上にファイルをアップロードするストレージ機能だけではありません。コンピュータやスマートフォンにDropboxのソフトウェアをインストールするだけで、インターネット上のストレージとローカルにある複数のコンピュータとの間で、あらゆるファイルを共有、また編集、保存が可能になります。Dropboxのアカウントを持っていれば、どのコンピュータからも同じデータを利用することができ、データのバックアップとしても効果を発揮します。

 
関連記事
 オンラインストレージサービスが登場する以前は、同僚や顧客とデータの受け渡しを行う場合や、複数台のコンピュータを使用している場合にはUSBドライブを利用して情報を共有していました。

 またUSBドライブが一般的になる以前は、CDやDVDにファイルを書き込んでいました。さらに、今では「保存」を意味するアイコンでしか目にしなくなりましたが、フロッピーディスクを利用していた時代もありました。

 いつの時代も、複数のコンピュータ間で情報の授受を行うのは簡単ではありませんでした。この問題に解決策をもたらしたのがDropboxです。

 この利便性が高く評価され、Dropboxは急激な成長を遂げました。2007年に創業したこの会社は、2014年には全世界で3億人のユーザーを獲得。これまで11億ドルの資金調達に成功し、企業評価額は100億ドルとも言われています。売り上げは2億ドルを超えているとの情報があり、さらなる成長が期待されています。

多くのWebサービスが採用するフリーミアムモデル

 では、Dropboxはどのようにして収益を得ているのでしょうか。Dropboxでは、基本サービスは無料にして、一部の有料ユーザーから収益を得る、いわゆる「フリーミアム」と呼ばれるビジネスモデルを採用しています。

画像
Dropboxは「基本サービス無料」のフリーミアムモデルを採用している
(作成:高橋 博伸)


 フリーミアムは、無料を意味する「フリー」と付加価値サービスを意味する「プレミアム」を組み合わせた造語で、フリーミアムモデルは2006年に、ベンチャーキャピタリストのフレッド・ウィルソンによって以下のように定義されました。

『サービスを無料で提供し、場合によっては広告収入で支え、口コミ、紹介ネットワーク、有機的な検索マーケティングなどで非常に効率的に多数の顧客を獲得し、そして、顧客基盤に対して付加価値サービスや強化版サービスを割増価格で提供する事。』
(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/フリーミアム)



 ユーザーは2GBまでは無料で使用することができ、有料プランに申し込むと、月額1200円で1TBまでデータが保存できるようになるほか、その他の追加機能が利用できるようになります。

 さらに、ビジネス向けのプランでは月額1500円で容量が無制限になり、優先サポート等のサービスも提供されます。Dropboxは無料サービスと有料の追加サービスによって成り立っています。

【次ページ】フリーミアムモデルに共通する3つの特徴

クラウドストレージ・ファイル共有・フ... ジャンルのセミナー

クラウドストレージ・ファイル共有・フ... ジャンルのトピックス

クラウドストレージ・ファイル共有・フ... ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!