ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2015年08月05日

13代当主 津克幸氏に聞く

316年老舗 にんべん、なぜ「かつお節だし」の店で60万杯を達成できたのか

250年以上続く企業の6割は、日本に集中していると言われる。その中でも、鰹節専門店「にんべん」は、1699年の創業から316年も続く日本を代表する老舗企業だ。高度成長期には「つゆの素」や「かつお節フレッシュパック」によって食卓に革命を起こし、今また「日本橋だし場」などの新しい試みを通して「日本の味」を伝えて、さらにそれを世界へ広めようとしている。新たな挑戦を続けるにんべん 13代当主 社長の津克幸氏に、300年以上続く企業の秘訣をお聞きした。

(聞き手は編集部 松尾慎司)

にんべんはなぜ300年以上続いてきたのか

photo

にんべん
代表取締役社長
津 克幸 氏

──最初ににんべんの沿革について教えていただけますか。津社長で13代目ということですが、これだけ長く続いてきた秘訣というのは何かあるのでしょうか。

津氏:1699年に創業者の初代、津伊兵衛が三重県の四日市から出てきて、日本橋で戸板を並べて鰹節と塩干物の商いを行ったのが始まりです。そして5年後の1704年に鰹節問屋を開業、以来、鰹節屋としてやってきました。

 13代といっても、途中で養子を入れたこともありますし、親戚の人間が社長を務めたこともあります。300年続いた理由を答えるのはなかなか難しいですが、実はこうした外部の人たちほど、新しいことに挑戦してきた傾向があります。

photo
(クリックで拡大)

銀製の薄板でつくられた商品券

photo
(クリックで拡大)

裏には、当時の幕府公認であることを示す「定」の字が刻印されている

──新しいこととは、具体的にどのようなことでしょうか?

津氏:たとえば、江戸時代の天保の頃、銀製の薄板でつくられた商品券を発行しています。大規模に発行したという点では最初の試みと言われていますが、銀でできているので、一両の30分の1の価値を持ち、いつでも鰹節と交換できる、現在のギフト券のようなものです。

 当時は春にカツオを獲って、秋に鰹節として販売するという季節商売でしたが、商品券を発行したことで先にお金が入り、鰹節はあとから出ていくということで、キャッシュも潤沢になり、商売を大きくするきっかけになりました。のちに銀から紙に変わりましたが、当時としては画期的な試みだったと思います。

photo

今や食卓の定番となった「つゆの素」と「フレッシュパックソフト」

(写真提供:にんべん)

──商品券の原型がそこにあるのですね。新しい試みというと、1960年代には「つゆの素」や「フレッシュパック」というイノベーティブなヒット商品も生み出されています。

津氏:1964年につゆの素を発売し、1969年にフレッシュパックを発売しています。当時、濃縮のめんつゆは各メーカーから発売されていましたが、鰹節の天然だしを使ったものはありませんでした。鰹節の天然だしを使えば味が良くなることは分かっていても、技術的な難しさもあって、どのメーカーもやっていませんでした。

 そのとき、新東亜交易という商社がにんべんのブランドを使った新商品開発を持ちかけてきました。実は一度断ったのですが、結局研究室で取り敢えず試作品をつくってみようということになり、その後、試行錯誤の結果、天然だしを使った「つゆの素」が生まれました。

 これは既存の製品と違って味の良さはもちろんのこと、風味を生かすために濃度も3倍に下げ、かついろいろな料理に使える汎用性の高いだしに仕上がったことで大ヒットしました。

関連記事
──新しい企業とも積極的に協力されてきたのですね。

津氏:フレッシュパックについては、時代の要請が大きかったと思います。だしをとるためには、一リットルの水に約30グラムの鰹節が必要になります。鰹節を削ってだしをとれば、おいしくなることは分かっていても、高度成長期、夫婦共働きの世帯が増えていく中で、家庭で削るのは大変になってきました。手間も時間もかかって大変というところに、実際に削ったものと遜色がなく、小分けになっているフレッシュパックを出したことが支持されたのだと思います。

 鰹節を削ることはいいことだ、鰹節を使ってだしをとるのはいいことだと言っても、それだけでは伝わりません。夫婦共働きなどで時間がなくなっていく時代、いいものを手軽に使えるようにつゆの素やフレッシュパックを開発するといった変化への対応力があったからこそ、にんべんは続いてきたのだと思います。

【次ページ】なぜ体験型の店舗をオープンさせたのか

事業承継 ジャンルのトピックス

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング