開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/10/01

SBイノベンチャー、レッスン開講プラットフォーム事業の新会社「スマートコーチ」設立

ソフトバンクグループで新規事業を手掛けるSBイノベンチャーは10月1日、プライベートスポーツレッスンサービス「スマートコーチ」を運営する新会社「スマートコーチ」を設立したことを発表した。

photo
レッスンの一例
 プライベートスポーツレッスンサービス「スマートコーチ」は、ソフトバンクグループが従業員のアイデアから事業化を行う新規事業提案制度「ソフトバンクイノベンチャー」から生まれたサービス。住んでいる場所や時間の制約などの理由で、スポーツレッスンを受けることができない人に自分に合ったコーチによるレッスンの受講機会を提供するサービスで、すでに2015年9月より同サービス提供を開始している。

 今回設立が発表された新会社スマートコーチは、代表取締役社長には、ソフトバンクイノベンチャーでスマートコーチを提案し、サービスの事業化に取り組んできた池田 昌人氏が就任するほか、スマートコーチの共同提案者で元プロアイスホッケー選手の坂田 淳二氏も経営に参画する。

 スマートコーチでは、初期費用無料でスポーツレッスンを開講できるプラットフォームを提供することで、スポーツ選手やインストラクターの経験、スキルを生かしたセカンドキャリアを支援するとともに、「新しいアスリートマーケットの創造」を目指し、事業を推進していくという。

新規事業 ジャンルのセミナー

新規事業 ジャンルのトピックス

新規事業 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!