開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/10/26

アクセンチュアとAWSが新組織「アクセンチュアAWSビジネス・グループ」設立

アクセンチュアとAmazon Web Services, Inc.(以下、AWS)は7日、新組織「アクセンチュアAWSビジネス・グループ」の設立を発表した。

 今回設立された「アクセンチュアAWSビジネス・グループ」は、クラウドに関するソリューション構築や開発、マーケティング・セールス、事業開発などの専門性を持った両社の専門家によって構成される。将来的なソリューション拡大も視野に入れつつ、初期段階として2つの主要事業領域に注力していく。

「AWS向けトランスフォーメーション・サービス(Transformation Services Optimized for AWS)」
既存アプリケーションのAWSへの移行に加え、AWS上で稼働する新たなアプリケーションの開発を支援する。本サービスにはクラウド戦略策定、組織・アーキテクチャ設計、アプリケーション移行、リファクタリング、新規アプリケーション開発、AWSアプリケーション開発・移行に特化した「ファクトリー」が含まれる。

「AWSによるアナリティクス・ビッグデータサービス(Analytics and Big Data Services, powered by AWS)」
アクセンチュアが提供するクラウドベースのアナリティクス・ソリューションである「Accenture Insights Platform」において、AWSのデータ・アナリティクスに関するノウハウやソリューションを統合していく。これにより、業界特有の規制要件やコンプライアンスを遵守しつつ、データの移管や収集、標準化、分析といったデータのライフサイクルを一気通貫で管理可能になるという。

関連記事
 アクセンチュアAWSビジネス・グループでは、新たに1000名のアクセンチュア社員にAWSのトレーニングプログラムを提供し、初年度にはそのうちの500名がAWSクラウドの認証を取得することを目指す。

M&A・提携・協業 ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!