開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2016/08/19

「大企業を辞めたい」 キャリアを捨てるときに考えるべきこと

ライフネット生命 出口会長と島澤 諭氏が議論

いまだ根強い日本の大企業志向。時代が変わっても、就職活動をする学生も、その親も、「みんなが知っているあの企業」の就職が「成功」だと信じている。少子高齢化が進み、終身雇用制度も崩れていく中、本当にやりたいこと、挑戦したいことのために「大企業を辞める」という決断も一団と難しくなっている。「大企業を辞めたい」と思ったとき、積み上げたキャリアを捨てるときに考えるべきこととは。ライフネット生命 代表取締役会長 出口 治明氏と政治経済学専門家 島澤 諭氏が対談した。

photo
大企業を離れて新たにスタートするのか、しないのか

日米の「大学生の就職人気企業ランキング」にみる違い

関連記事
出口:労働の流動化について持論を述べると、「セーフティネットがないのに解雇するのはよくない」と言われることがよくあります。でもニワトリ、タマゴ論争は常にそうですが、まず先に労働の流動化だと思うのです。なぜかというと、供給が増えれば、それに応じて需要、即ちマーケットが生まれてくるからです。

島澤:解雇を含めた労働の流動化が日本で上手くいかないのは、中途採用の市場が闊達でないからです。さらにいえば、「解雇」という言葉に抵抗があるのかもしれません。

 そういえば、役所の1年生の頃、景気判断を行う部署にいたのですが、旧労働省から出向されていた上司に、景気判断の報告書に労働需給が云々とあるのを見て、烈火のごとく怒り出した大臣がいると伺ったことがあります。その理由は「需給とは何だ! 人を物扱いするな!」ということで、それはそれでうなづける気もするのですが、それと同じメンタリティーかもしれません。解雇という言葉には、どうしてもマイナスな印象は拭えませんからね。

 まずは大企業が率先して労働の流動化をはかり、大企業であふれた人が中小企業や人手不足な業界に入れば、日本経済の循環はさらによくなるはずです。ところが日本人は大企業にとどまりたがるので、なかなか上手くいかない。

出口:それはいわゆる「大企業病」ですね。アメリカと日本の就職希望企業のランキング(図参照)を見ると、それがより顕著に出ていると思います。

画像
日本とアメリカの大学生の人気就職先ランキング

 アメリカのランキングを見ると、金融機関はひとつもランクインしておらず、国際機関(国際連合)が1つ、公務員(国務省、FBI、CIA)が3つ、NPO団体が3つ、民間企業(ウォルト・ディズニー、グーグル、アップル)が3つと実によくバランスがとれています。また、大企業ではないベンチャー企業に進む若者も多い。アメリカにはベンチャーマインドの文化が根付いているので、起業者に出資する人もたくさんいます。対GDP比で見たベンチャーキャピタル投資額(OECD調べ)を見ると、アメリカはイスラエルに次いで第2位となっています。

 一方、日本のランキングは大銀行と大保険会社が上位を占めており、ほかにも大商社や大メーカー、大インフラ企業など、誰もが知っている大手企業に人気が集中しています。

島澤:雑誌などで「大学生の就職人気企業ランキング」が発表されますが、こういうものに影響を受けすぎていますね。

出口:日本の学生は、今がピークの超大企業にしか目がいっていないのです。日本の労働生産性を押し上げようとすれば、若くて優秀な人材が未来のソニーやホンダに入社すべきなのですが、それができていない。「保守的」「安定志向」の若者がじつに多いのです。しかし、だからといって若者だけを責めてはいけません。こうした気運をつくってしまったのは、僕たち大人だからです。

 高度成長期からバブル期にかけては、「誰もが知っている名の知れた大企業に入り、終身雇用・年功序列で安定した収入を得て、定年後はローンを払い終えた一戸建て住宅で悠々自適の老後を過ごす」という成功モデルがありました。しかし、このモデルはすでに過去のものであり、幻想でしかありません。

【次ページ】キャリアを捨てる、大企業を辞めるという勇気

人材育成・人材獲得 ジャンルのセミナー

人材育成・人材獲得 ジャンルのトピックス

人材育成・人材獲得 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!