開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2016/10/18

AWSとVMwareがついに提携 「VMware Cloud on AWS」で何が変わる?

Amazon Web ServicesとVMwareは、13日(日本では14日午前5時半)、Amazonクラウドのベアメタル上でVMware環境を実現し、ハイブリッドクラウドの構築を容易にする「VMware Cloud on AWS」を共同で発表しました。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

 ライブストリーミングによる発表には、AWSのCEO Andy Jassy氏とVMware CEO Pat Gelsinger氏が登場。

photo

 ハイブリッドクラウドサービスとして「VMware Cloud on AWS」の発表とともに、AWSとVMwareは、相互に主要なパブリッククラウドとプライベートクラウドのパートナーになるという両社のパートナーシップについても発表されました。

photo

photo

 「VMware Cloud on AWS」は、Amazonクラウドのベアメタル上でvSphere、vSAN、NSXのVMware環境を実現したもの。オンプレミスのVMware環境とシームレスに統合でき、vCenterで統合管理可能。Amazonクラウドの機能すぐに利用可能。

photo

 VMware Cloud on AWSはVMwareが主体となって営業、サポートなどを行います。

 VMware Cloud on AWSは2017年中旬にサービス開始予定です。

任意のAmazonクラウドのリージョンにVMware Cloud on AWSを展開可能

 発表会のデモンストレーションで示されたVMware Cloud on AWSの主な機能は、次のようなものでした。

 顧客はAmazonクラウドのどのリージョンにVMware Cloud on AWSを展開するかを選択可能。今回は、アイルランドのリージョンを選択したとする。

photo

 規模の選択を行い、時間課金か、1年予約、3年予約かなどの支払い方法を選択。

photo

photo

 確認画面をOKすると、アイルランドリージョンでVMware Cloudが立ち上がる(画面右の砂時計がでている四角が起動中のアイルランドリージョン。左の2つの四角は、すでに起動しているバージニアとオレゴンのVMware Cloudを示している)。

photo

 これでvSphere、VirtualSAN、NSXがAmazonクラウドのベアメタルサーバ上で起動、VMware環境がAmazonクラウド上で実現する。数秒から数分で立ち上がる。

photo

【次ページ】 VMware on AWSのvCenterでハイブリッド環境全体を参照

クラウド ジャンルのセミナー

クラウド ジャンルのトピックス

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!