開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2019/01/23

元トヨタ研究所CFOが語る「ブロックチェーンがウーバーを消す」未来

【CES2019現地レポ】

今や仮想通貨だけではなくさまざまな分野に進出しているブロックチェーン技術。トランザクションの細分化によるスピードアップと安全性の構築はビジネス界から注目を集めるが、自動運転時代の自動車技術にもこの技術の採用を目指す動きが見られる。今年のCESでは、トヨタで先進開発を担うトヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)の元CFOで、現在はMOBI (Mobility Open Blockchain Technologies)のCEOを務めるクリス・バリンジャー氏が登壇。自動車業界でのブロックチェーン活用の可能性を語った。

米国在住ジャーナリスト 土方 細秩子

米国在住ジャーナリスト 土方 細秩子

米国在住のジャーナリスト。同志社大学卒、ボストン大学コミュニケーション学科修士課程修了。テレビ番組制作を経て1990年代からさまざまな雑誌に寄稿。得意分野は自動車関連だが、米国の社会、経済、政治、文化、スポーツ芸能など幅広くカバー。フランス在住経験があり、欧州の社会、生活にも明るい。カーマニアで、大型バイクの免許も保有。愛車は1973年モデルのBMW2002。

photo
MOBI (Mobility Open Blockchain Technologies) CEO
クリス・バリンジャー氏


BMW、GM、ルノー、フォードらがブロックチェーンに注目

関連記事
 1月にラスベガスで開催されたCES期間中、英国に本拠を置くTU Automotive社が「業界アナリストサミット」と呼ばれるカンファレンスシリーズを独立して開催した。自動車業界に関するあらゆる分野のディスカッションが行われたが、その中でも注目だったのがブロックチェーンと今後の自動車業界のあり方についてのものだった。

 プレゼンテーションを行ったのはMOBIのCEOで、過去にトヨタファイナンシャルサービス、トヨタ・リサーチ・インスティテュートのCFOを務めたクリス・バリンジャー氏。

 MOBIとはブロックチェーン技術を用いて車のモビリティをより安全に、よりグリーンに、そしてよりアクセシブルにしよう、というイニシアチブを推進する団体で、BMW、GM、ルノー、フォードなどの自動車メーカーを始め、車のOEMメーカー、コンピュータ企業、自動運転技術開発企業、ソフトウェア開発企業、大学などの研究所、政府機関など150以上のパートナーを有する。

画像
MOBIは150以上のパートナーを有する

6年後には「GDPの10%」がブロックチェーンに保管される

 バリンジャー氏は世界経済会議による「2025年には全世界のGDPの10%はブロックチェーンに保管される」という予測をまず提示。現在企業の収入1ドルあたり、トランザクションコストは20セントと言われる。ブロックチェーンを導入することでこのコストが軽減され、スピード化が期待できる。

画像
ブロックチェーン市場は順調に伸びる予想だ

 PoCの観点で見ると、現時点ですでにテクノロジー面はブロックチェーンに対応できており、残る問題はスケーラビリティ、そしてブロックチェーンを使ったビジネスのエコシステムの構築だけだという。

【次ページ】ブロックチェーンの利用法を競う3年がかりの競技会も開催

ブロックチェーン ジャンルのトピックス

ブロックチェーン ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!