• 会員限定
  • 2021/10/12 掲載

よくわかる金融業務のAI活用事例、「投資助言」「取引自動化」「不正防止」

連載:図でわかる3分間AIキソ講座

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
AI(人工知能)の普及以前から、金融・保険業界とIT技術の連携が注目され、それは「フィンテック(FinTech)」と呼ばれるようになっていました。そこにAI技術の進歩が重なれば、当然ながらフィンテックにおけるAI活用は積極的に検討されるようになります。実際、AIの応用範囲は幅広く「信用・契約管理」「会計財務」「投融資・運用」「セキュリティ」と、金融・保険業界の業務に深く関わっていくことなります。本記事では、そうしたフィンテックとAIの関わりについて簡単に解説していきます。

執筆:フリーライター 三津村直貴

執筆:フリーライター 三津村直貴

合同会社Noteip代表。ライター。米国の大学でコンピューターサイエンスを専攻し、卒業後は国内の一部上場企業でIT関連製品の企画・マーケティングなどに従事。退職後はライターとして書籍や記事の執筆、WEBコンテンツの制作に関わっている。人工知能の他に科学・IT・軍事・医療関連のトピックを扱っており、研究機関・大学における研究支援活動も行っている。著書『近未来のコア・テクノロジー(翔泳社)』『図解これだけは知っておきたいAIビジネス入門(成美堂)』、執筆協力『マンガでわかる人工知能(池田書店)』など。

photo
フィンテック領域で活躍する人工知能(AI)のカラクリとは…?(後ほど詳しく解説します)


AI活用事例:投資の助言とは?

 身近で分かりやすい事例がロボアドバイザーによる資産運用に関するアドバイスでしょう。方向性としてはAIアシスタントなどと同じですが、違いは人間の意図を理解しそれに従うだけではなく、高度な情報分析や提案能力を持っているということです。

 ロボアドバイザーなどのサービスでは、AIがユーザーの年齢・職業・収入・資産・運用目的などの情報を分析し、最適な運用方法をアドバイスしてくれます。

 大切な資産の運用をAIに任せるのは心配かもしれませんが、ロボアドバイザーが提案してくれる運用戦略は、人間のアドバイザーでも提案しうる実績ある手法ばかりです。資産運用の専門家が普段顧客に提案しているような戦略をAIが代わりに教えてくれているだけ、と考えるとAIにお任せする不安は解消されるでしょう。

 また、こうしたロボアドバイザーはスマートフォンからでも利用できるようになっているため、資産運用の知識や運用に割く時間がなくても、専門家が使っている運用戦略を手軽に実践できるのが魅力です。

 こうした「AIによる助言」は個人投資家向けのものだけではなく、金融業者による投融資、保険契約のリスク評価、M&Aの評価や候補といったプロ向けのより複雑なタスクにおける助言も含まれます。

 複雑な経済理論や膨大なデータベースを扱えるようになったロボアドバイザーの助言は、時には専門家の予想を超える場合もあり、その応用範囲は広がり、精度は高まり続けています。今後はあらゆるビジネスにロボアドバイザーが活用されるようになり「まずAIに相談してみる」というのが当たり前になるかもしれません。

画像
ロボアドバイザーのイメージ
(出典:筆者作成)

AI活用事例:取引の完全自動化とは?

 アドバイスだけではなく、AIを利用して市場の動向を分析し、取引を完全に自動化するアプローチも広がっています。最初にいくつかの戦略やパターンを決めておき、AIはユーザーの方針に従って膨大な過去のデータベースを参照、未来の価格変動を予測し、最適な取引を実行します。

 完全に自動化されているため、人間がやることはほとんどありません。ある種のAIによる投資信託のようなものです。ただ、実際の投資信託とは違い、ユーザーが比較的自由に戦略に介入することができるため、普段は安全に運用しつつ、ここぞというところでリスクをとって利益を最大化するといった戦略を気軽に実行できるのが強みでしょう。

画像
未来の価格変動を予測してくれる人工知能(AI)のカラクリ

 往々にしてリスクの低い運用方法は取引にかかる手間や時間が問題になりますが、自動化してしまえば問題ありません。利益は低くとも、自動化して大規模に実行すれば十分に利益は得られるからです。

 AIによる投融資の自動化は応用範囲が幅広く、証券取引やFXのみならず、競馬や競輪などの賭け事にも応用されています。お金が動く所にAIによる自動化があると言っても過言ではないでしょう。

【次ページ】人の仕事を代替するAI、導入進む業務領域とは

関連タグ

関連コンテンツ

オンライン

Slack AI Day

Slack AI の日本語ローンチを祝し、革新の軌跡を振り返り、未来への一歩を踏み出す特別なイベントを開催します。 「コミュニケーションの先の未来を再定義する」というテーマのもと、Slack はメッセージングツールから AI を活用した強力なプラットフォームへと進化しました。 私たちの働き方を根本から変えるこのプラットフォームでは、CRM やアプリケーションの複数同時活用が可能で、 あらゆるデジタル業務が Slack を通じて円滑に進行します。 また、AI の強化により、過去の会話や見落としていた情報を活用して、ワンクリックで最適なコミュニケーションを実現することができます。 この記念すべきイベントでは、「新しい働き方」と業務における生成 AI の活用に焦点を当てます。 Slack AI を通じて、私たちは日常の業務プロセスを根本から変革し、生産性の飛躍的な向上を目指します。 AI とオートメーションの融合が、時間を要する従来のプロセスを一新。 Salesforce の Customer 360 と連携した Slack で働き方が劇的に変わります。 Slack を愛用し続けてくださる皆さま、そしてこれから Slack をご利用してくださる皆さまと共に、AI による業務効率化の新時代を創ります。 進化を遂げた Slackと一緒に、未来の働き方を再定義し、その可能性を探求しませんか? 【このような方におすすめです】 ・業務における生成 AI の活用を模索している方 ・より効率的な働き方・チームコミュニケーションを模索している方 ・Slack でできることを知りたい方、Slack の利用を検討している方 ・Slack を使っているけど、"コミュニケーション" 以外の新しい利用価値を知りたい方 ・部門・プロジェクトごとの部分的な Slack 利用から組織全体へ広げていきたい方 ・Slack 無償版から有償版へ切り替えたい方

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます