開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2013/04/11

店舗で下見→ネットで購入など、店舗とネット比較検討・消費行動に関するアンケート

インターワイヤードが運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは11日、「店舗とネット(オンライン)間の比較検討・消費行動」についてアンケートを行い、店舗とネット(オンラインショップ)での比較検討、「ショールーミング」経験、購入を検討する差額などについて発表した。調査は2012年10月4日(木)~10月19日(金)にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター4,987人から回答を得ている。

●オンラインでの買い物、86.7%が経験あり。スマホ使用者では90.7%と9割超
●実店舗とオンラインで商品を比較する人は61.3%と6割超
●実際の店舗で下見→オンラインで購入(ショールーミング)経験者は42.1%、
 スマホ使用者では半数超え
●オンラインで購入する理由は「価格」
●オンラインでの購入を検討し始める「実店舗との価格差」は、6%以上
●店舗で購入した決め手は、価格よりも、「今すぐに商品を入手したい」

 実際の店舗で商品の現物を確認してから、ネットでその商品を購入することを「ショールーミング」と呼ぶ。日本では話題に上り始めた段階ではあるが、今後、消費行動の選択肢の1つとして浸透する事が予想される。

 商品全般では、①【実店舗下見→オンライン購入】が最も多く42.7%、③【オンライン下見→実店舗購入】39.9%と続いた。④【オンライン下見→実店舗で確認→オンライン購入】は27.4%である。実店舗とオンラインで商品を比較する人は61.3%と6割を超える。

photo

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

デジタルマーケティング・マーケティン... ジャンルのトピックス

デジタルマーケティング・マーケティン... ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!