開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/04/24

キヤノンITS、流通BMS対応のEDIサーバ「EDI-Master B2B Gateway Ver1.1」を発売

キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズは24日、新たに流通BMSプロトコルを加えたマルチプロトコル統合EDIサーバ製品「EDI-Master B2B Gateway Ver1.1」を、2013年4月26日より発売すると発表した。

 「EDI-Master B2B Gateway」は、複数のEDIプロトコルを1システムに統合し、取引先の拡大や既存EDIシステムの拡張に柔軟に対応できる統合EDIサーバ製品。

photo
製品構成

 新バージョンでは、既存レガシープロトコル(JCA手順、全銀手順、全銀TCP/IP手順)に加え、流通BMSプロトコル(JX手順、ebXML-MS)に新たに対応。流通BMS協議会より、「流通BMSロゴマーク」を認定された。

 従来からのEDI-Masterシリーズ製品の使いやすさと高い相互接続性を継承し、負荷分散・冗長化等の拡張性や堅牢性にかかる機能をさらに強化したという。

 参考価格は、最小構成(全銀TCP/IP手順オプション、1回線対応)で20万円(税抜)から。JCA、JX手順クライアントオプション 4回線対応で75万円から、全銀、JCA手順、ebXMLオプション 16回線対応で350万円から。また通信機器(専用モデムなど)は別途必要になる。4月26日より販売を開始する。

関連記事

お勧め記事

EAI・ETL・SOA ジャンルのトピックス

EAI・ETL・SOA ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!