開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/07/01

ユニバーサルメニューとは何か?情報構造の整理から生まれた子育て応援サイト事例

行政サービス情報の提供事業を展開するアスコエパートナーズが、地方自治体と共に構築を行っている子育て応援サイト「子育てタウン:ママフレ」。自治体サイト向けの標準メニュー体系である“ユニバーサルメニュー”を活用することで、サイト来訪者に分かりやすい情報の提供を実現している。日本マイクロソフト主催のCityNextソリューションフォーラム2014で登壇したNPO団体アスコエの代表で、アスコエパートナーズ代表取締役の安井秀行氏は、ユニバーサルメニューの概要と、「子育てタウン:ママフレ」における具体的な取り組みについて語った。

執筆:レッドオウル 西山 毅、構成:編集部 松尾慎司

執筆:レッドオウル 西山 毅、構成:編集部 松尾慎司

レッド オウル
編集&ライティング
1964年兵庫県生まれ。1989年早稲田大学理工学部卒業。89年4月、リクルートに入社。『月刊パッケージソフト』誌の広告制作ディレクター、FAX一斉同報サービス『FNX』の制作ディレクターを経て、94年7月、株式会社タスク・システムプロモーションに入社。広告制作ディレクター、Webコンテンツの企画・編集および原稿執筆などを担当。02年9月、株式会社ナッツコミュニケーションに入社、04年6月に取締役となり、主にWebコンテンツの企画・編集および原稿執筆を担当、企業広報誌や事例パンフレット等の制作ディレクションにも携わる。08年9月、個人事業主として独立(屋号:レッドオウル)、経営&IT分野を中心としたコンテンツの企画・編集・原稿執筆活動を開始し、現在に至る。
ブログ:http://ameblo.jp/westcrown/
Twitter:http://twitter.com/redowlnishiyama

ユニバーサルメニューを活用して「子育てタウン:ママフレ」を構築

photo
アスコエ
代表
アスコエパートナーズ
代表取締役
安井 秀行氏
 アスコエは、公的機関の提供する行政サービス情報を見やすく整理し、利用者がWeb上で比較・検討しやすくするためのメニューを開発している団体。その実際の成果物が、ユニバーサルメニューだ。

 ユニバーサルメニューを端的に言えば、自治体の担当セクションによって見せ方の異なる行政サービス情報の項目(タイトル/概要/対象者など)を整理して構造化し、さらに部品化することで、情報を横並びに比較・検討できるようにした自治体サイト向けの標準メニュー体系のこと。

 Webサイトの閲覧者だけでなく、サイトの作り手である自治体側にも、情報の更新や追加をより効率的にできるというメリットをもたらすものだ。

 このユニバーサルメニューを採用して構築されたWebサイトが、子育てのための情報提供サイト「子育てタウン:ママフレ」で、いわば自治体のサイトと連携した官民連携型の情報提供プラットフォームだ。現在、神戸市や千葉市、大阪市、福岡市など76の自治体のプロジェクトがMicrosoft Azure上で構築されている。

関連記事
 安井氏は、「人口1400万人、子育て世帯5.5万世帯が閲覧可能な子育て制度のサイトを作ったということ。子育て制度情報に関するデータベースを作ったとも言い換えることができる」と子育てタウンの存在意義を説明する。

 子育てタウンはなぜ全国的に広がったのか。安井氏は、その理由を3つ挙げた。

 1つめは、ユニバーサルメニューという形で、利用者にも分かりやすく、さらにWebサイトを作る自治体の職員にも優しい仕組みを実現したこと。ユニバーサルメニューは、探しやすく、分かりやすく、またサイトの構築が簡単といったメリットを提供してくれるものだ。

 2つめは、公的機関が保持するオープンデータを活用して、構造化されたデータ形態を実現したこと。これによって情報はマシンリーダブル(機械可読式。システムが判別しやすいデータ形式)になり、扱いやすさは飛躍的に向上する。

 そして3つめが、スマートフォン向けのプラットフォームとしても利用可能なこと。現在のスマートフォンの普及率を考えれば、スマートフォンで子育てタウンを閲覧できることも、利用拡大のための重要な要件だ。

【次ページ】情報の構造化、部品化で利便性向上

政府・官公庁・学校教育IT ジャンルのトピックス

政府・官公庁・学校教育IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!