開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/07/10

マイクロソフトとIIJが協業 オンプレとクラウド間閉域網接続の「ExpressRoute」提供へ

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)と日本マイクロソフトは10日、IIJのクラウドサービス「IIJ GIO(ジオ)サービス」と、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure(以下、Azure)」を連携させるマルチクラウドサービスの提供にむけて協業することを発表した。

 今回の発表は、協業の第一弾として、IIJがMicrosoft Azureの閉域網接続サービス「ExpressRoute」パートナーとして、Azureへの高速な閉域網接続サービスを日本で初めて提供するというもの。

photo
「IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azure」
提供イメージ

関連記事
 ExpressRouteは、Azureへの閉域網接続を提供するマイクロソフトのサービスで、欧米ではすでに数社のパートナーと協業、サービス提供している。

 IIJは今回、国内初のExpressRouteパートナーとして、同社のバックボーン設備とAzureデータセンターを相互接続したプライベートネットワークを構築し、Azureへ閉域網で接続できる「IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azure」として、10月より受注活動を開始する。

 ユーザーは、社内ネットワークから同サービスのゲートウェイに専用線やWAN回線を経由した接続を行うことで、ExpressRouteを通してAzureリソースに閉域網接続することが可能になる。また、Azureへの接続はインターネットの公衆回線網を経由しないため、信頼性の高いセキュリティのもとAzureサービスが利用できるという。

 IIJと日本マイクロソフトは、ExpressRouteのサービス提供開始に向けて技術協業を進めるとともに、マーケティングや提案活動において連携を強化、今後3年間で200社へのサービス提供を目指す。

クラウド ジャンルのセミナー

クラウド ジャンルのトピックス

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!