開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/08/20

NEC、メキシコ宇宙庁と衛星開発で協力 地球観測や全地球測位システムなど強化

NECは20日、メキシコ宇宙庁(通信運輸省所管)と衛星の開発に関する覚書を取り交わしたと発表した。同国の地球観測、気象観測、全地球測位システム、GPS、アプリケーション、衛星通信の強化を支援するという。

関連記事
 NECとメキシコ宇宙庁は、メキシコが宇宙産業においてグローバルプレイヤーとなるために、メキシコ国立工科大学(IPN)やメキシコ国家科学技術審議会(CONACYT)を含むパートナーとともに協力する。NECは、メキシコ宇宙庁の協力と技術移転によって、メキシコの衛星開発能力の強化を支援していく。

 NECは、1968年のオリンピック・メキシコシティー大会でのテレビ放送技術を含む製品やサービスをメキシコで長年にわたって提供してきた。日本初の人工衛星「おおすみ」(1970年打上げ)をはじめ、小惑星イトカワからのサンプルリターンを達成した小惑星探査機「はやぶさ」など、67機の人工衛星のインテグレーション(取りまとめ)を担当している。

 2014年6月には、「衛星インテグレーションセンター」の稼働により、NECの標準衛星バス「NEXTARシリーズ」の自社一貫生産体制を整備している。NECでは今後も、環境監視・災害監視・測位などの衛星インフラ整備、宇宙新興国の衛星需要などを積極的に取り込み、宇宙関連事業の拡大を目指すという。

製造業IT ジャンルのセミナー

製造業IT ジャンルのトピックス

製造業IT ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!