開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/01/13

モバイルデバイス出荷台数、19.9%の大幅減 PC・Android・iPhoneすべて不調

2014年第3四半期の国内モバイルデバイス出荷台数は、前年同期比19.9%減の1,039万台となった。2014年通年でも8.6%減となり、スマートフォン市場とPC市場の落ち込みが影響した。

 IDC Japanは13日、国内モバイルデバイス市場(スマートフォン市場、タブレット市場[eReaderを含む]、PC市場、通信データカードなどのData Communicationを含む)の2014年第3四半期(7~9月)の出荷台数実績および2014年~2018年の予測を発表した。

 これによると2014年第3四半期の国内モバイルデバイス出荷台数は、前年同期比19.9%減の1,039万台となった。

photo
国内モバイルデバイス出荷台数予測、2013年~2018年

関連記事
 このマイナス成長の主要因としては、スマートフォン市場において、次世代iPhoneの市場投入前のユーザーの端末買い控え、そしてアンドロイドOS搭載スマートフォン製品の販売不振により、出荷台数が大幅に減少したことが挙げられるという。

 またPC市場においても、Windows XPサポート終了に伴う特需の反動から出荷台数が大幅に減少した。

 2014年の見通しに関しては、スマートフォン市場はiPhone 6 / 6 Plusの発売以降、販売台数、出荷台数の双方において好転する兆しがあるものの年間ベースではマイナス成長に、PC市場は同年第4四半期(10~12月)においても縮小傾向が続き、同じく年間ベースでマイナス成長に陥る可能性が高いため、モバイルデバイス全体としては前年比8.6%減の5,142万台(スマートフォン 2,569万台、タブレット 818万台、PC 1,541万台、その他通信データカード等Data Communication 214万台)になるとIDC Japanは予測している。

 2015年の予測について、IDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストの木村融人氏は「スマートフォン市場がプラス成長に転ずる可能性があるが、タブレット市場の成長が大きく鈍化すること、PC市場も2桁のマイナス成長となると見込んでいるため、同年は前年比2.3%減の5,026万台(スマートフォン 2,700万台、タブレット 827万台、PC 1,296万台、その他 202万台[四捨五入の影響により内訳の合計は総数と一致しない])となる」と分析している。

 今回の発表はIDCが発行した「国内モバイルデバイス市場 2014年第3四半期の分析と2014年~2018年の予測」(J14191304)にその詳細が報告されている。

PC・ノートPC ジャンルのトピックス

PC・ノートPC ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!