開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/03/23

メガネ量販店のZoff、店舗でのレジ入力・決済をiPadで行うクラウド型POSシステム採用

メガネ量販店の「Zoff」を運営するインターメスティックは23日、店舗でのレジ入力・決済処理にクラウド型POSシステムを採用したことを発表した。全国の店舗にiPadを順次導入し、2015年5月中にクラウド型POSシステムへの移行を完了させる。

photo
タッチ画面
 メガネ量販店の「Zoff」を運営するインターメスティックは今回、ソフトバンクテレコムのクラウド型POSシステム「クラウドPOS」を採用。同システムでは、タッチメニューをカスタマイズが可能になり、商品ボタンを選ぶだけというレジ入力を実現した。またバーコードの誤スキャンが減ることで、顧客を待機させる時間を短縮できるという。

 クラウドPOSに入力されたデータは、クラウド上のPOSサーバーにリアルタイムで集約される。これによりネット接続環境をつなぐだけでリアルタイムに全店舗の売上情報を確認できるほか、適正な商品配分・再配分を可能にし、地域特性に合わせた品揃えを提供できる。また、各店舗がテナントとして入居する商業施設の独自ポイントや電子マネーなど、多彩な決済処理にも対応可能だという。

関連記事
 今後インターメスティックでは、顧客が購入しているフレームの傾向を分析し、好みの商品を提案するなど、顧客データの有効活用を目指す。また、店舗での視力測定や顧客データ管理など、クラウドPOS以外にもiPadを活用していく予定。

CRM・SFA・CTI・ヘルプデスク ジャンルのセミナー

CRM・SFA・CTI・ヘルプデスク ジャンルのトピックス

CRM・SFA・CTI・ヘルプデスク ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!