開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/05/25

帝人ら、世界初のシート型ビーコン「PaperBeacon(ペーパービーコン)」を発売

帝人とセルクロス、タグキャストは25日、スマートフォンやタブレットを置くだけで、ネットワーク接続を認証する世界初のシート型ビーコン「PaperBeacon(ペーパービーコン)」を開発し、6月1日より販売を開始すると発表した。「普通のテーブルを魔法のテーブルに変える」(タグキャスト 鳥居 暁社長)という。

photo
(左から)タグキャスト 鳥居 暁社長、帝人 新事業推進本部 スマートセンシング事業推進班 班長 平野 義明 氏、セルクロス 浅村直也社長。手に持っているのがペーパービーコン

 今回、共同開発した「ペーパービーコン」では、世界で初めてビーコン信号を「面」で認識でき、テーブルにスマートフォンやタブレットを置くだけで、座席ごとに特定資料を閲覧できるようにしたり、オーダーをとらずにすぐに料理を注文したりといったことが可能になる。帝人とセルクロスが開発した二次元通信シート「セルフォーム」と、タグキャストのビーコン技術「TAGCAST」を組み合わせることで実現した。


 セルフォームは、セルクロスが開発した2次元通信技術「@CELL」と帝人のシート製造技術を用いて開発した2次元通信シート。通信シートに信号を封じ込め、シート表面に発生する電磁波を使って通信する。このシートを用いることで、2次元の「面」で情報を伝播することができ、簡便な接続や情報漏えいリスク少ない通信が可能になる。

画像
セルフォームとは

 セルフォーム自体は既に、千葉大学付属図書館や旭硝子の設計書類室で導入されている。書籍にICタグを埋め込み、入退室データなどと書籍の状態データを組み合わせることで、精緻な活用動向を把握しているという。

 3次元空間に伝搬するビーコンの信号を2次元の「面」で伝搬することができ、Bluetooth LEを用いながら、交通系カードなどのNFC(近距離無線通信)のように使用できる。「ウェアラブルなどに応用展開可能な技術」(帝人 新事業推進本部 スマートセンシング事業推進班 班長 平野 義明 氏)という。

画像
セルフォーム導入事例

関連記事
 一方、タグキャスト側はビーコン技術や連動するクラウドサービスを提供する。ビーコンとは、省電力型の近距離通信(Bluetooth LE)を使用して、1つ1つを識別するIDや位置情報を発信する無線端子のこと。このビーコンから発信される信号をスマートフォンのアプリが受信することにより、GPSを受信できない地下などでも位置を特定し、ナビゲーションを可能にするほか、特定施設内でのクーポンやポイントの配布、口コミと来店回数を紐づけるなどの「来店証明」ができる。

 これにより、従来のビーコンでは困難だった、大人数が集まるスペースでのテーブルやイス単位の限られた場所の利用特定を実現。たとえば会議場所において、テーブルごとに閲覧可能な資料を制限できる。

 また、飲食店の各テーブルに敷設すれば、店員を介することなく、スマートフォン上のアプリから直接厨房に注文を届けると同時に決済を完了させるキャッシュオンデリバリーが可能になる。さらに、学校や塾の机に敷設することにより、出席確認と同時に宿題のチェックができ、個々の習熟度に合わせた宿題をインストールするといった操作が行えるという。

画像
PaperBeaconの仕組み(1)
画像
PaperBeaconの仕組み(2)

 「ペーパービーコン」は、設計および製造を帝人とセルクロス、販売・運用・保守をタグキャストが行い、初年度の出荷枚数としては1万枚を目指す。

 価格は、初期費用5,000円。テーブルの位置管理のクラウドサービスと1年間の保守が月額800円。

 これまで帝人では、「セルフォーム」を活用して無線LAN用途やRFID棚管理システム「Recopick」を展開してきた。これに加えて、今回のビーコン用途を含め幅広く用途開拓を進めることにより、2019年度には売上20億円へと事業規模の拡大を図っていくという。

O2O・オムニチャネル ジャンルのトピックス

O2O・オムニチャネル ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!