開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/06/03

アマゾン 長崎忠雄社長が語る、クラウドが“新常識”になった8つの理由

AWS Summit Tokyo 2015レポート #awssummit

クラウド活用はもはや「ニューノーマル(新常識)」だ──AWS(Amazon Web Services)を手がけるアマゾン データ サービス ジャパンの長崎 忠雄社長は、都内で開催されたAWS Summit Tokyo 2015に登壇し、企業でのクラウド活用が順調に進展していることを強調した。同イベントではファーストリテイリングが今後、基幹系を含めて、すべてのシステムをAWSへ移行する予定であることが明らかになったほか、機械学習サービス(Amazon Machine Learning)によるアマゾン自身が取り組んだ事例の成果が発表された。また、AWS Lambdaは、数週間以内にJavaにも対応するという。

photo
アマゾン データ サービス ジャパン
代表取締役社長
長崎忠雄 氏
関連記事
 昨年、のべ8000名を集めたAWS Summit Tokyo。今年は1万3900の事前登録を集め、基調講演にはユニクロやGUなどを手がけるアパレル最大手のファーストリテイリング グループ執行役員 CIOの玉置肇氏、リクルートテクノロジーズ 中尾隆一郎社長、クラウドワークス 吉田浩一郎社長らが登壇した。

 長崎社長は冒頭、アマゾンの顧客志向がAWSの成長も支えたと説明。「利益をためこむのではなく、お客さまに還元している。AWSもビジネスを開始して49回も値下げをしている」と強調した。

 アマゾンのEC事業もかつて、ハードウェアのおもりやメンテナンスに多くの時間を割いていたが、それでもビジネス要求にまったく追い付かなかったという。

「アマゾンが成長の過程で、ビジネスの課題を解決するために生まれたのがAWSだ」(長崎社長)

 ここ1年で、Amazon S3の利用量は102%成長し、EC2は93%の成長を見せた。過去30日間に実際に使っているユーザー数(MAU)は100万にのぼる。企業のクラウド活用については、「3年前、4年前に興味を示さなかったお客さまが戻ってきて、このソフトをクラウドで動かしたい、というニーズも非常に多い」という。

 なぜそうなったのか。長崎社長は6つの理由を示す。

1.スタートアップでの活用

 1つめが、スタートアップ企業での活用だ。スタートアップは、ゼロスタート、既存資産なく自由な発想が可能、低コスト体質、スピード重視といった特徴を持つ。

「ビジネスをスタートしたときに、やりたいことが即座に低コストで手に入る。スタートアップで何より重要なのは、トライアンドエラー。それが可能になる」

 たとえば、宿泊シェアリングサービスである「Airbnb」もAWSを活用している1社だ。毎日40万人アクセスする同社サービスをわずか5人で運営しているという。日本でも、下記の有名スタートアップ企業がAWSを活用している。

画像
日本でAWSを活用するスタートアップ

 その1社として登壇したのがクラウドワークスの吉田社長だ。吉田社長は、創業時からAWSを100%活用していることを明かし、「前の会社がつぶれて1人だったときから、いま上場にまで至れたのはAWSのおかげだ」と手放しにほめた。

photo
クラウドワークス 代表取締役社長 CEO 吉田 浩一郎 氏


2.スピード・機敏性はあらゆる組織で重要に

 クラウド活用が進展した理由として、長崎社長が挙げた理由の2つ目は、俊敏性だ。数年前と比べてもビジネスの変化は激しく「クラウドなしで、スピードが重要になってきている競争に勝つのは困難だ」(長崎社長)。

 クラウドの俊敏性を活かした事例として登壇したリクルートテクノロジーズ 中尾隆一郎社長は、同社が手掛ける400以上のサービスのうち、予測できるサービスはオンプレで、予測不能、予測の意味がないものはAWSという使い分けをしているという。

photo
リクルートテクノロジーズ
代表取締役社長
中尾 隆一郎 氏

「キャンペーンを実施して、前回は通常の150倍のトラフィックだった。ただ、次回は2倍かもしれない。そういうサービスにはAWSが最適だ」(中尾社長)

 また、同社が手がけるサービスは、出社前や昼休憩時間などに知らせたいものが多く、同時にプッシュ通知を送ると輻輳してしまう。それが「AWSを活用することで、1秒間で1万4000人に送ることができるようになった」という。これは従来のシステムの340倍に相当するパフォーマンスだ。

【次ページ】機械学習サービス(Amazon Machine Learning)のアマゾンでの導入効果は?

クラウド ジャンルのセミナー

クラウド ジャンルのトピックス

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!