ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2016年05月12日

国内YouTuber(ユーチューバー)のタイアップ広告、市場規模は2015年で15億円以上に

動画コンテンツをYouTubeに投稿するクリエイター「YouTuber(ユーチューバー)」と広告主をマッチングさせるサービス「iCON CAST」を運営するTHECOOは12日、日本のインターネットにおける動画広告市場に関する調査結果を発表した。この調査によれば、YouTuberタイアップ動画の本数は年々増加しており、2014年に154本、2015年には約8倍の1276本にまで増加。2015年のYouTuberタイアップ広告の市場規模は、日本だけでも15億円以上に及んでいると推計した。

photo

YouTuberタイアップ広告 動画の本数と平均再生回数

(出典:THECOO)


 YouTuberタイアップ広告とは、「企業が直接YouTuberにプロモーションを依頼し、動画を制作・PRする」形式の広告のことで、動画全体が企業の商品宣伝をベースに作られたもの。

関連記事

 日本におけるYouTube広告の市場規模はこれまで明らかにされていない状況にあったことから、THECOOではYouTuberタイアップ広告数を測定し、動画広告市場の成長を調査した。調査方法は、YouTubeにある登録者数1000人以上のチャンネルにアップロードしている動画が対象。その動画のうち、動画説明欄にタイアップ表記・PR表記がされているものを、2012年からカウントした。

 2012年には年間29本しかなかったYouTuberタイアップ広告だが、2014年には154本を超え、2015年には1276本ものYouTuberタイアップ広告が制作されていることが分かった。

 一般的なYouTubeの動画広告(TrueView広告)の視聴単価は1再生あたり10〜20円であることから、YouTuberタイアップ広告は1再生あたり10円程度単価だと仮定すると、2015年の場合は、日本だけでも15億円以上の市場規模となると推計している。

関連記事

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのセミナー

一覧へ

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのトピックス

一覧へ

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング