ようこそゲストさん

  • 会員限定
  • 2016/05/24 掲載

P2Pレンディングは前途多難? レンディングクラブを追うFinTechスタートアップが語る

記事をお気に入りリストに登録することができます。
FinTech(フィンテック)分野の中で、借り手と投資家をマッチングさせるP2Pレンディングがよくも悪くも注目されている。この分野をリードするレンディングクラブを追うP2PレンディングサービスのスタートアップであるBuleVine、Insikt、Avantの代表が新経済サミット2016に登壇。破壊的なイノベーションを引き起こす可能性を秘めたP2Pレンディングのポテンシャルや法規制の課題について議論した。

フリーライター 井上 猛雄

フリーライター 井上 猛雄

1962年東京生まれ。東京電機大学工学部卒業。産業用ロボットメーカーの研究所にて、サーボモーターやセンサーなどの研究開発に4年ほど携わる。その後、アスキー入社。週刊アスキー編集部、副編集長などを経て、2002年にフリーランスライターとして独立。おもにロボット、ネットワーク、エンタープライズ分野を中心として、Webや雑誌で記事を執筆。主な著書に『キカイはどこまで人の代わりができるか?』など。

photo
P2Pレンディングの未来をスタートアップが議論

中産階級の低所得者層に融資を行うInsikt

 P2Pレンディングとは、ネット上で、借り手と投資家をマッチングさせる資金貸借のプラットフォームを提供するサービスのことだ。P2Pレンディング最大手のレンディングクラブは2014年12月にニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場し、当時の時価総額は1兆円を超えるなど話題になった。


 Insiktもレンディングクラブと同様、「Lending as a Service(LaaS)」を標榜して、3年前にホワイトラベルローン(相手先ブランドで商品やサービスを提供するローン)の提供を開始した企業だ。

photo
Insikt
CEO
ジェームス・グティエレス氏
 Insikt CEO 兼 共同創業者のジェームス・グティエレス氏は、ヒスパニック系の人々に少額融資を行うOportunを創立した人物で、50万人以上に15億ドルを上回る融資を行い、同社をマーケット・リーダーに育て上げた実績がある。

 米国では現在、多くの人々が金融支援を受けられないのが実情だ。400ドルのお金が急に必要になっても、国民の47%が銀行口座に預金がなく、クレジットのニーズが非常に高い。特に中産階級の低所得者層の与信供与には高いニーズがあり、Insiktも彼らをターゲットにサービスを展開しているという。

「顧客の消費行動を把握するビッグデータを活用して、企業は融資をしようとしない。そこで我々は『Lendify』というクラウドベースのプラットフォームを開発した。これはクレジットのスコアリング、アプリケーション、バックオフィス、ファンディング、モバイルなどの機能を統合したものだ。特にモバイルによる手続きは重要だ。Insiktはデータをうまく活用し、労働者のためによいサービスを展開したい」(ジェームス氏)

 Insiktはいわゆるノンバンクで、銀行業ではない。資金調達の方法は、ホワイトラベルによってローンを提供するというやり方だ。Lendifyを通じ、任意の小売店、オンラインブランド、銀行などから融資できるようにしているが、その際に投資家はオンラインツールを使ってリスクや投資効果を追跡できる。

請求権譲渡の仕組みを初めてオンラインで完結させたBlueVine

関連記事
 パロアルトに拠点を置くスタートアップのBlueVineは、中小企業が抱える売掛債権をベースに融資をする「インボイスファクタリング」(請求権譲渡)のベンチャーだ。同社は、このビジネルモデルを初めて100%オンライン上で実現したFintech企業として注目されている。

 請求権譲渡の特徴は、企業が請求書を譲渡する代わりにお金を前借りでき、従来のように数カ月後の振り込みを待たずに、キャッシュフローのギャップを改善できることだ。すぐに売掛金が入り、それを投資に回せれば、さらにビジネスを成長できるわけだ。

photo
BlueVine
創業者 兼 CEO
エアル・リフシッツ氏
 もともとTI(テキサス・インスツルメンツ)のエンジニアで、コンサルタントやVCの経験もあるCEOのエアル・リフシッツ氏は「従来のサービスとは違う方法で、中小企業向けに運転資金を再構築したい。クラウドに接続すると登録企業のインボイスが表示され、それをボタンで選べば24時間内に最初の前借りが行える。インボイスが承認されたら、銀行の口座に電子的に支払いが行われる。また郵送で小切手を送ることも可能だ」と説明する。

 請求権譲渡は、米国だけで1000億ドルの取引規模がある大市場で競争相手も多い。しかし、これらはすべてオフライン企業だった。Webサイトがあっても、オンラインで口座を開設できないし、審査期間も長く、融資条件も複雑でわかりにくいものだった。

「そこで我々は、技術を最大限に活用し、100%のオンラインでインボイスファクタリングを行っている。20以上のAPIでWeb上からデータを集約し、マシンラーニングのアルゴリズムで、迅速にオペレーションできるように工夫している。新商品も立ち上げた。Line of Creditという形で、リボルビングローンができるものだ。ボタンクリックですぐに融資できるユーザーエクスペアレンスや、幅広い商品を展開していきたい」(エアル氏)

ミドルクラスの消費者向けにサービスを提供するAvant

 Avantは、借入れコストと借入れのハードルを下げる非常にシンプルなミッションをグローバルで展開するために、3年前に設立されたスタートアップだ。同社はシカゴ、ロサンゼルス、ロンドンなどにオフィスを増やすなど急成長している。

 同社は、銀行から見落とされたミドルクラスのコンシューマを対象に、個人ローン、カードローン、自動車ローンなどを展開している。

photo
Avant
キャピタルマーケット 部門マネージャー
ティム・クラーク氏
 キャビタルマーケット部門マネージャーのティム・クラーク氏は「この分野は米国で12兆ドルの規模があるが、金融危機後、中間層の対応ができておらず、なかなか与信限度を得られない。医療費など人生の危機に直面したとき、効率よく融資する技術によって、安価にお金を提供したい」と語る。

 Avantはオンラインの融資プラットフォームで、現在まで30億ドル以上の資金調達を行い、米国内46州と英国で50万件以上の融資を行ってきた。平均融資額は約8000ドル、年間金利は9%から36%で、平均融資期間は約4年間となっている。

「ローンを申し込んで、5分間で審査できる。バックエンドに最先端のマシンラーンニングのアルゴリズムを活用しているからだ。ほぼリアルタイムで融資判断を行い、翌日には融資が受けられるため、顧客満足度も非常に高い。またマーケティングも同様に高度なマシンラーニングを使い、ターゲットを分析している」(ティム氏)

【次ページ】米国でのP2Pレンディングの普及状況、法規制の問題

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます