開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2016/11/17

新津春子氏が語る、羽田空港を「清潔な空港世界一」に導いた「仕事の流儀」

クリーンフォーラム2016レポート

2013、2014、2016年と「清潔な空港世界一」に認定された羽田空港。そこにはスゴ腕の清掃人がいた。NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演した日本空港テクノ 環境マイスター 新津 春子氏だ。同氏は2016年10月28日、東京ビッグサイト開催「クリーンフォーラム」に登壇し、仕事に向き合う姿勢から、人材育成の考え方、業界内でのコミュニケーションまで、羽田空港と清掃業界を支える「仕事の流儀」を語った。

フリーランスライター 吉田育代

フリーランスライター 吉田育代

企業情報システムや学生プログラミングコンテストなど、主にIT分野で活動を行っているライター。著書に「日本オラクル伝」(ソフトバンクパブリッシング)、「バックヤードの戦士たち―ソニーe調達プロジェクト激動の一一〇〇日 」(ソフトバンクパブリッシング)、「まるごと図解 最新ASPがわかる」(技術評論社)、「データベース 新たな選択肢―リレーショナルがすべてじゃない」(共著、英治出版)がある。全国高等専門学校プログラミングコンテスト審査員。趣味は語学。英語と韓国語に加えて、今はカンボジア語を学習中。

photo
羽田空港は「清潔な空港世界一」に3度選ばれた
※写真はイメージ



社会的地位の低い掃除人から、総勢700名のトップに

関連記事
 新津氏は1970年、中国・瀋陽に生まれた。父親が日本人残留孤児で、母親が中国人。三人兄妹の末っ子で、同氏が17歳のときに一家で日本へ帰国した。中国にいたときも「日本人は帰れ」といじめられたが、日本では「中国人」と言われいじめられたという。そして、日本語の話せない一家をただちに襲ってきたのが貧困だった。

「自分の生活費は自分で稼ぐ」というのが両親の教育方針であったことから、高校に通いながらアルバイトを掛け持ちするのだが、言葉が通じなくてもできる仕事は、中国でも日本でも社会的地位の低かった清掃しかなかった。

 23歳のときに現在の日本空港テクノに入社した。同社は羽田空港を運営する日本空港ビルデングの子会社だが、空港のみならず東京、千葉、神奈川を拠点に広く総合ビルメンテナンス業を営んでいる。そこで厳しくも理解ある上司との出会いがあり、同氏は清掃業を極めることを決意する。

 新津氏はビルクリーニング技能士、清掃作業監督者など清掃業に関するさまざまな業界資格を取得し始めるとともに、最年少で全国ビルクリーニング技能競技大会に出場、優勝するという快挙を成し遂げた。以来、46歳の今日に至るまで清掃一筋の道を歩み、休む間を惜しみ働いてきた。

 そして、羽田空港は、英国スカイトラックスにより「清潔な空港世界一」に認定された。新津氏はその原動力として認められ、現在は協力会社約700名のスタッフを束ねるトップである環境マイスターに就任。羽田空港の清潔維持に関して責任を負いながら、後輩の指導・育成に当たっている。 

他人の意見に左右されて自分を失ってはいけない

 新津氏には、清掃業界で働くことへの葛藤があった。ある質問者は、「清掃というとどうしても社会的地位が低く見られてしまう。新津さんはどうモチベーションを維持しているのか」と尋ねた。

 それに対し同氏は「人からどのように思われるかは考えていない」と答えた。

「悪く思われてもいいし、逆にほめられても『そうですか、ありがとう』で終わり。十人いれば十通りの考え方があります。それにいちいち左右されていたら、自分というものが何も残りません。それならむしろ私は死んだ方がいい。世界中に私はただ1人。自分が自分を認められればそれでいいと思っています。

 若いころ、中国でも日本でもいじめられました。それは一生忘れられませんが、私は何かで成功することで仕返しをしようと考えました。多くの人に認めてもらうためには、何かに優れている必要がある。私にとってはそれが清掃だったのです」(新津氏)

【次ページ】いやいや入社してきた人の育て方

人材育成・人材獲得 ジャンルのセミナー

人材育成・人材獲得 ジャンルのトピックス

人材育成・人材獲得 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!