• 会員限定
  • 2018/01/04 掲載

エステ業界の「2018年問題」、突破口は異業種参入にあり?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
今から15年前、2002年のエステティック業界の市場規模は売上高で2,343億円(経産省調べ)だったが、2016年現在では3,572億円(見込み、2017年版 エステティックサロンマーケティング総鑑)と約1.5倍の伸び。しかし、同業界の従事者は2万3,944人(2002年)から、2万8,474人(2014)と微増にとどまり、人材不足に陥っている。人手不足対応のカギとなるのが、人材教育と高付加価値化だ。顔コリほぐし専門サロン「Girouette(ジルエット)」代表で、顔コリほぐし整美顔アカデミー理事長の大西正子さんに、そのヒントを探るべく、話を聞いた。

中森 勇人

中森 勇人


中森勇人(なかもりゆうと)
経済ジャーナリスト・作家/ 三重県知事関東地区サポーター。1964年神戸生まれ。大手金属メーカーに勤務の傍らジャーナリストとして出版執筆を行う。独立後は関西商法の研究を重ね、新聞雑誌、TVなどで独自の意見を発信する。
著書に『SEとして生き抜くワザ』(日本能率協会)、『関西商魂』(SBクリエイティブ)、『選客商売』(TWJ)、心が折れそうなビジネスマンが読む本 (ソフトバンク新書)などがある。
TKC「戦略経営者」、日刊ゲンダイ(ビジネス面)、東京スポーツ(サラリーマン特集)などレギュラー連載多数。儲かるビジネスをテーマに全国で講演活動を展開中。近著は「アイデアは∞関西商法に学ぶ商売繁盛のヒント(TKC出版)。

公式サイト  http://www002.upp.so-net.ne.jp/u_nakamori/

photo
顔コリほぐし整美顔アカデミーの様子

2018年には少子化がエステ業界を直撃

連載一覧
 エステ業界の肝といえるのが、従業員の教育だ。薬機法・景品表示法などの厳しいルール化で、効果効能に制約を受けることから、顧客には結果で応えていくしかない。その結果を出すためには従業員のスキルアップは大きな課題だ。

「エステ業界に就職する方の多くは、専門学校などの教育機関を卒業して美容師の免許などを取得していますが、少子化の影響で年々卒業生数が減少しています。中でも18歳の人口が一気に減少する2018年問題はエステ業界に大きな影を落とすことになるでしょう」(大西氏)

photo
顔コリほぐし専門サロン「Girouette」代表
顔コリほぐし整美顔アカデミー理事長
大西正子氏

 1992年に205万人だった18歳の人口は2014年には118万人に激減。さらに高学歴化で18歳の2人に1人が大学進学をするという状況を生み出した。

 新規の労働力を見込めないエステ業界にとって頼りになるのが中途採用や既存の人材のスキルアップだ。エステサロン大手のTBCでは未経験者を対象とした研修システムを完備し、学種・学部・学科・専攻等を不問とするリクルート活動を展開している。

 しかし、資金に余裕のある大手とは違い、中小事業者や個人経営のサロンで人材教育を充実させるのはハードルが高い。

 顔コリほぐし整美顔アカデミーを主催する大西さんは、従業員の教育を進めるために、個人事業主でももらえる助成金の活用を勧めているのだという。

 大西さんは、「起業や新規参入を希望される方向けに、国の補助金や助成金、地方自治体が主催している補助金があります。自治体では家賃を補助してくれるものやホームページを作成する費用の補助もあります。うまく活用しするのも一手だと思います」とアドバイスする。

 「地方で数店舗の美容室を経営されているオーナーさんの事例なのですが、サービスの付加価値を高めるため、まつげエクステ店の店長さんに顔コリほぐしの資格を取らせたいと相談に来られ、『人材開発支援助成金』の適用を受けました」と話す大西さんの元には起業を目指す人や、副業で稼ぐためにとアカデミーに通う人も少なくない。エステ業界にとどまらず、その周辺のビジネスが付加価値をつけるために顔エステに興味を持っているのだ。

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

『ゴジラ』の売上構成を大解剖、なぜ儲かる?米国ファンを取り込む“ある手法”が凄い

俯瞰して、キャラクターを見られたレポートですね。
実際に体験してきた世代としては異なる印象を受けます。
今回の-1.0は、日本映画のフォーマット、(黒沢や小津のような戦後日本の傷ついた心を抱いた人々、荒廃した国土の中で生きようとする日本人を描いたフォーマット)や、
人を背景のボケとともに丹念に映すカメラワークを踏襲した上にゴジラというキャラクターを載せた作品と思います。
米のラ・ラ・ランドみたいなものです。その視点から見ると日本の文化的状況は爛熟期を迎え(韓国もそうですが)世界的に魅力あるオリジナリティを生み出せる成長をしたと思われます。確かにUSがゴジラのキャラクターを作り続けてくれたラッキーさ、それによるZ世代を中心とした日本に対する理解力ある米国人が増えた。はありますが、今現在、あちらはポリコレだのキャラクターの焼き直しだので、映画は没落気味です。
経済が頂点を迎えた後に文化的状況が世界に魅力を振りまき、その後没落していくのは歴史の教えるところと理解しています。
米は傾き始めたのか、復活するのか。
日本はこの文化興隆をうまくビジネスに乗せられるのか、日本人がみな気が付き始めたのでこの流れが加速すると思います。
映画、音楽、ビジュアル(絵画・写真・動画)3次元的表現などの文化をグローバルに浸透させうるチャンスですね。そういう歴史的観点からキャラクターを見るともっと永続するものもあると思います。
日本は、災害の多い国です。おのずと災害をキャラクター化しますので
戦争や動乱が頻発する現代には適したキャラクターがいくつもあると思います。

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます