開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2018/02/16

AIに代替される仕事、「金融」が急上昇

エン・ジャパンは2017年12月、転職コンサルタント181人を対象にしたアンケート調査の結果を発表した。いずれの職種でも「決まったことをする定型業務が多い」職務はAIに代替される可能性があると感じているという結果が出た。

photo
AIに代替されうる業務とは
(© freehandz – Fotolia)


8割の転職コンサルタント「10~20年以内にAIに代替される業務がある」

 転職コンサルタントに対し、「現在、ミドル世代が担当している業務の中に、今後10~20年以内にAIに代替され、なくなってしまう業務はあると思いますか?」と質問したところ、81%の方が「あると思う」と回答した。これは、2016年の同調査(76%)と比べて5ポイントの増加となった。

AI代替のトップ3は「経理・財務・会計系」「事務」「コールセンター」

 現在、ミドル世代が就業している職種の中で、AIに代替されてなくなると予想する職種を聞いたところ、「経理・財務・会計系」(42%)、「一般事務・秘書・アシスタント系」(41%)、「コールセンター」(37%)がトップ3となった。

 その理由は、いずれの職種でも「決まったことをする定型業務が多いため」という回答が多かった。(図1)。

画像
図1:現在、ミドル世代が就業している職種の中で、AIに代替されてなくなると予想される職種は何ですか?
(出典:エン・ジャパン 報道発表)


 同じ質問を業種について聞くと、「IT・インターネット」(41%)、「コールセンター」(41%)、「金融」(34%)がトップ3となった。

 特に「金融」業界は、2016年の調査では8位となっていたが、実際にAIが積極的に導入されていることや、一部の金融機関で人材削減が行われていることなどがランクアップの理由としている(図2)。

画像
図2:AI化が進み、業務代替されてなくなると予想する業種は何ですか?
(出典:エン・ジャパン 報道発表)


AIに代替されないのは「経営者」「経営・事業企画系」「営業系」

 一方で、現在ミドル世代が就業している職種の中で、AIに代替されないであろう職種を聞いたところ、「経営者・COO・経営幹部」(77%)、「経営企画・事業企画系」(46%)、「営業系」(38%)がトップ3となった(図3)。

画像
図3:現在ミドル世代が就業している職種の中で、AIに代替されないであろう職種は何ですか?
(出典:エン・ジャパン 報道発表)


 同じ質問を業種について聞くと、「相手の意図を汲み取り、臨機応変に対応する必要がある業務」(80%)、「他者とコミュニケーションを取りながら進める業務」(63%)、「マネジメント業務」(47%)がトップ3となった。AIに代替されず、なくならないと考えられる職種に関連する項目が上位を占めた(図4)。

画像
図4:AIに代替されず、なくならないと考えられる業務を教えてください。
(出典:エン・ジャパン 報道発表)


お勧め記事

IT市場調査 ジャンルのトピックス

IT市場調査 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!