開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2021/11/04

魚住りえアナが伝授、オンライン会議が圧倒的に活気づく「始めのひと言」とは?

コロナ禍によってリモートワークが新しい働き方として定着しつつあります。「オンライン会議で上司が一方的にしゃべり続けて、時間になり、終わってしまう」「企画案を出し合うはずの会議で社員が衝突。進行役は右往左往するだけで、ほかの参加者は耐えるだけの時間に……」など、オンライン会議の難しさを痛感している人は多いのではないでしょうか。活発なディスカッションが行われるオンライン会議をつくるためのコミュニケーションのポイントを解説します。

フリーアナウンサー 魚住 りえ

フリーアナウンサー 魚住 りえ

フリーアナウンサー。ボイス・スピーチデザイナー。大阪府生まれ、広島県育ち。
1995年、慶応義塾大学卒業後、日本テレビにアナウンサーとして入社。報道、バラエティー、情報番組などジャンルを問わず幅広く活躍。代表作に『所さんの目がテン!』『ジパングあさ6』(司会)、『京都 心の都へ』(ナレーション)などがある。2004年に独立し、フリーアナウンサーとして芸能活動をスタート。とくに各界で成功を収めた人物を追うドキュメンタリー番組『ソロモン流』(テレビ東京系列)では放送開始から10年間ナレーターをつとめ、およそ500本の作品に携わった。各局のテレビ番組、CMのナレーションも数多く担当し、その温かく、心に響く語り口には多くのファンがいる。
また、およそ30年にわたるアナウンスメント技術を活かした「魚住式スピーチメソッド」を確立し、現在はボイスデザイナー・スピーチデザイナーとしても活躍中。声の質を改善し、あがり症を軽減し、相手の心に響く「音声表現」を教える独自のレッスン法が口コミで広がり、「説得力のある話し方が身につく」と営業職、弁護士、医師、会社経営者など、男女問わず、さまざまな職種の生徒が通う人気レッスンとなっている。著書に『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』(東洋経済新報社)などがある。

画像
オンライン会議を活発にする“魔法の言葉”がある
(Photo/Getty Images)

※本記事は『1秒で心をつかめ。 一瞬で人を動かし、100%好かれる声、表情、話し方』を再構成したものです。

オンラインこそ求められる「心理的安全性」

 時代のキーワードの1つになりつつある「心理的安全性」は、「サイコロジカル・セーフティ(psychological safety)」を日本語訳した言葉です。

 解釈はいくつかありますが、オンラインでの会議や打ち合わせに当てはめて捉えると、「このコミュニティでは自分の思ったことを自由に発言しても、不利益を被らないと感じられる状態」を意味しています。「安心して自由にあれこれ言える雰囲気があるかどうか」とも言えるでしょう。

 実際、企業の協力を得てビジネスシーンを観察した心理学の研究によると、「心理的安全性」が担保された会議では参加者の発言量が増える傾向にあり、逆の場合では「話さずに黙っていたほうが安全だ」と感じるため、発言しない人が多くなることがわかっています。

画像
発言することに対する不安がある会議では、意義のあるディスカッションは実現できない
(Photo/Getty Images)

 対面の会議ではあなたが意見を言ったとき、向かいの席でうなずいて擁護してくれる仲間がいて、安心感を得られます。でも、画面越しではそうした仲間の反応は感じとりにくく、「ヘンなことを言ったかな」「浮いているかな」という不安感や孤立感が高まりやすくなります。

 つまり、オンラインでの会議、打ち合わせにこそ、「安心して自由にあれこれ言える雰囲気」が求められているのです。


進行役になったら言うべき「始めのひと言」

 そこで、あなたが会議の主催者、打ち合わせのホスト役になるときは冒頭、「心理的安全性」を担保していることを宣言するよう心がけましょう。

 具体的な次のような言葉が、「安心して自由にあれこれ言える雰囲気」をつくり出します。

【次ページ】発言しやすい雰囲気をつくる声掛けの例

お勧め記事

リーダーシップ ジャンルのトピックス

リーダーシップ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!