• 会員限定
  • 2023/11/29 掲載

「離職者が少ない企業」が当たり前にやっている「たった3つ」のこと

記事をお気に入りリストに登録することができます。
企業にとってはできるだけ防ぎたい社員の離職。昨今では、「働きやすさ」を判断するために離職者の数に注目する求職者も多く、企業側も社員の定着率を向上させるための取り組みが重要になってきています。離職者が多い企業と少ない企業では、何が違うのでしょうか? これまで数々の企業を見てきた筆者が、離職者が少ない企業に共通する3つのポイントを解説します。自社には当てはまるかを比較してみてください。

執筆:識学 上席コンサルタント 仲 悠将

執筆:識学 上席コンサルタント 仲 悠将

南山大学経済学部を卒業後、新卒で大手人材コンサルに入社。その後、地元・名古屋のベンチャー企業に転職。運送業界や産業廃棄物業界に特化した組織改善のコンサルティングを10年ほど経験。最年少役職者として早期にマネジメントも担当。その後識学に入社。

photo
「離職者が少ない企業」は何が違う?
(Photo/Shutterstock.com)

働きやすさの“正体”は「迷い」のない環境

生成AIで1分にまとめた動画
 そもそも、離職の原因を一言で表せば、それは「迷い」です。迷いが生まれない、あるいは生まれてもすぐに解決する環境こそが働きやすさの正体であり、離職者が少ない企業の社員は迷いなく仕事に向かえています。

 よほど優秀な人でない限り、社会人であれば仕事をしていくうえで「どうやって進めたら良いのだろう」と悩む機会があるでしょう。これは、仕事をやり切るための情報が不足している状態です。その状態がいつまでも続くような職場だと、社員がどんどん離職してしまいます。

 反対に、離職者が少ない企業は社員の迷いをできるだけ生じさせない工夫を凝らしつつ、迷いの渦中にいる社員に手を差し伸べる体制を整えています。そこには、大きく3つの特徴が見て取れます。

その離職、本当に「人間関係」が原因?

 1つ目が明確な役割設定です。離職者が少ない企業では、社員全員の役割(目標)が明確になっています。これが不明確な企業ですと、社員は本来不要なことに毎日考えを巡らせ、自分の役割を自分で考えてしまったり、時には同僚や先輩に聞いて回り本来の内容からズレたものを自分の役割と誤解してしまったりします。それができなければ、その会社に自分の居場所を見つけられなくなってしまいます。

 しかし、自らの役割が分からず尋ねた際に、「自分で考えろ」とか「そんなことも分からないのか」と言われてしまうケースは珍しくなく、そのせいで大きなストレスを抱えている方も多いでしょう。

画像
「自分で考えろ」「そんなことも分からないのか」という言葉が飛び出る職場の根本原因とは
(Photo/Shutterstock.com)

 このようなストレスが積み重なった結果起きる離職は後を絶ちません。ただ、これは表面的には人間関係が原因の離職と考えられますが、よく考えれば役割や仕事内容が固まってないことが本当の原因だと分かります。

 また、役割や仕事内容が不明確な会社では、それゆえに本来の役割以外の仕事がどんどん降りかかってきます。しかも、その被害に遭うのは往々にして自らの役割を果たしたいと自発的に動く、いわば「優秀な社員」になれる可能性がある人材です。当然、そのような人材は他社も欲する人材ですので、離職を誘発する可能性は上がってしまいます。 【次ページ】残り2つの共通点、社員の定着に課題を感じる企業がまずすべきこと

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます