• 会員限定
  • 2023/02/24 掲載

1つでも当てはまればアウト!離職者が多い企業「5つの特徴」、負の連鎖を止めるには

連載:リーダー必携マネジメント術

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
離職者が後を絶たず、常に人手不足に悩まされている企業がある一方、一度入社した社員が順調に力を付け、それに伴って成長していく企業もあります。その違いはどこにあるのでしょうか。事業や業務内容の特性はあれど、どんな会社も、せっかく入社してくれた社員を大切にしたいはずです。全国3200社の組織コンサルティングを手掛ける識学で上席コンサルタントを務める冨樫篤史氏が、離職者が多い企業と少ない企業の差を5つ解説します。どれか1つでも当てはまるものがあったら、すぐに見直しが必要です。自社と比較してみてください。

執筆:識学 上席コンサルタント 冨樫 篤史

執筆:識学 上席コンサルタント 冨樫 篤史

立教大学経済学部を卒業後、ジェイエイシージャパン(現ジェイエイシーリクルートメント)に入社。主に幹部クラスの人材斡旋や企業の課題解決を提案。12年従事したのち識学に入社。大阪支店の支店長・品質管理部部長などを経て、現在は出資先支援室および識学マネジメントカレッジの主席研究員として従事。著書に『伸びる新人は「これ」をやらない!』(すばる舎)など。

photo
離職者が多い企業と少ない企業の決定的な差はここにある
(Photo/Shutterstock.com)

近年急増、「社員を大切に」をはき違えた企業

 離職者が多い企業の特徴、1つ目は「成長が望めない環境」です。

 「この会社に居続けても成長できない」という社員の思いは、離職の大きな原因となります。「大切な社員にはストレスを感じずに働いてほしいから、できるだけ優しく接している」という考えの経営陣や中間管理職がいる、ゆるい空気の会社では、このような理由で離職する社員が後を絶ちません。なぜなら、「成長のために必要なストレス」は必ず存在し、ゆるい空気の職場にはそれがないからです。

 2022年末、リクルートワークス研究所の古屋星斗氏が上梓した『ゆるい職場 若者の不安の知られざる理由』では、成長が期待できないゆるい職場にいることへの不安を退職理由に挙げる若者が増えつつあると記されています。

 成長とは「できなかったことができるようになること」です。そのためには、自分にできないこと、足りないものを認識しなければなりません。ところが、「社員を大切にする」という言葉の意味をはき違え、本来すべき指導を怠っている会社が多くあります。これでは、社員に見限られても仕方がないでしょう。


「姿勢のルール」がもたらす効果とは

 2つ目の特徴は、「社員の所属意識が薄い」ことです。「私はこのコミュニティーの一員だ」という所属意識が薄れていくと、社員は離職をためらわなくなります。これについては、詳しい説明は不要でしょう。

 当然、所属意識が強くなればなるほど、社員の離職は起きにくくなります。では、所属意識を高めるにはどうしたら良いのでしょうか。

画像
組織に対する所属意識を高め、離職を起こしにくくする方法
(Photo/Shutterstock.com)

 その答えの1つは、能力に関係なく誰でも守れるルールを会社が整備し、それを社員全員で順守する環境をつくることです。人間には、同じルールを守る人を仲間だと考える傾向があるからです。

 識学ではこれを「姿勢のルール」と呼んでいます。たとえば、「毎朝出社したら所定の場所に立って部屋にいる全員に聞こえる声であいさつをする」や「会議の際は、開始時間の3分前までに着席しなければならない」などです。ただ、姿勢のルールを守ったからといって、会社の業績が上向くというわけではありません。同一のルールを順守することは意識上、同一のコミュニティに属していることとイコールで結ばれます。業績に向かう組織状態の土台として姿勢のルール徹底は大前提となります。

【次ページ】1つでも当てはまったらアウト、「離職者が多い企業の特徴」残り3つ

関連タグ

関連コンテンツ

オンライン

~人的資本の最適配置をどう実現するのか?~ サイバーエージェントの人員計画を大解剖

サイバーエージェントの人員計画の作り方を徹底解剖 ・このような方におすすめ ・サイバーエージェントの人員計画に興味のある方 ・人員計画の作り方について、他社事例を学びたい方 ・サイバーエージェントの抜擢人事の極意を知りたい方 ABEMAをはじめとするB to C領域での存在感も高め、破竹の勢いで成長するサイバーエージェント社。 同社が次の時代を捉えた戦略的な積極投資で事業領域を広げていることは周知の事実です。 ?しかし、同社の躍進はカルチャーの浸透を軸に、事業計画に連動する適材適所の人員計画と人事制度なしには語れません。 人的資本開示が義務化されて初の決算を終えた今、改めて最先端をいく同社の人員計画の作り方や人的資本に関する取り組みを解剖するセミナーを開催いたします。 ?今回はサイバーエージェント社を初期から支え、CHOとして同社の人事領域を形作られてきた曽山氏をお招きし、同社の人員計画の極意に迫ります。 ?当日のテーマは以下です。 ・良い人員計画と悪い人員計画 ・サイバーエージェント社の人員計画の作り方のポイント ・抜擢人事の極意 ?人員計画に関わる全ての人事の皆さま、そして事業計画との最適化を経営目線で見る経営企画の皆さまにとって学びのある60分を提供いたします。 ぜひご参加ください。

オンライン

~P&G・マクドナルド・レノボ出身のFP&Aアドバイザーが語る~ 自社に合ったFP&Aの始め方

明日から取り掛かる、FP&Aの始め方 このような方におすすめ ・P&G/マクドナルド/レノボ出身のFP&Aプロフェッショナルによる事例解説に興味のある方 ・明日から取りかかれるFP&Aの始め方を知りたい方 ・グローバル基準のFP&Aを自社に合った方法で取り入れたい方 ・直近5年間で、日本企業においてもFP&Aや経営管理体制の構築の重要性についての理解が深まっています。 一方でその実行となると、「全社を巻き込むのが難しい」「どこから取り組めばよいか分からない」「取り組み事例を知りたい」といったお声を多く頂戴しており、ロールモデルに対するニーズが高まってるのが現状です。 そこで、今回はP&G・マクドナルド・レノボといったFP&A先進企業で日本子会社のCFO・FP&Aをつとめ、現在はFP&Aアドバイザーとして数多くの日本企業のFP&A実装に尽力されている池側氏をお招きし、事例をベースに「明日から何に取り組めばよいか」をご理解いただけるセミナーを開催いたします。 当日のテーマは以下です。 ・P&Gなど先進欧米グローバル企業のFP&Aとは ・FP&Aを実装している日本企業の事例 ・自社に合った形でFP&Aを始めるには 他社のFP&Aのお取り組みを知りたい方、FP&Aの高度化を推進したいマネージャー・経営層の方にぜひご参加いただけますと幸いです。

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます