• 会員限定
  • 2024/02/15 掲載

「雰囲気は良いけど業績は伸びない職場」に決定的に欠けている視点

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
職場において、働きやすさや社員の心理的安全性が重要視される中、社員同士のコミュニケーション活性化や、上司・部下など役職を問わないフラットな関係構築などを模索する企業が増えています。ですが残念ながら、仲の良さ、職場の雰囲気の良さ“だけ”では組織は成長していきません。ここでは、心理的安全性を保ちながらも、成長できる組織の秘訣を解説します。

執筆:識学 上席コンサルタント 堀江 貴寛

執筆:識学 上席コンサルタント 堀江 貴寛

中京大学体育学部を卒業後、2011年大手生命保険会社に入社。2019年識学に入社。これまでに50社以上500名を超えるリーダーの方々に識学トレーニングを実施。現在は、上席コンサルタントとして、業種業界を問わず識学を広める活動をしている。

photo
働くうえで「職場の雰囲気」はもちろん重要だが、“本質”をとらえ間違えると……
(Photo/Shutterstock.com)

「雰囲気の良さ」から追うリーダーの勘違い

 最初に断言します。雰囲気の良い職場を築こうとするだけの努力は意味がありません。雰囲気を良くしたほうが社員同士の結束力が高まり、会社として成果を残しやすくなると考えられがちですが、そもそも順番が逆なのです。

 親友同士で会社を興しても、業績不振により袂(たもと)を分かつケースは珍しくありませんし、業績が好調であれば職場の雰囲気は自然と良くなります。

「社員同士で何でも相談できる職場です」
「代表や役員、メンバー関係なく、積極的にコミュニケーションを図っています」

画像
雰囲気が良いだけの職場が陥るワナとは
(Photo/Shutterstock.com)

 このようにアピールする企業も多いですが、雰囲気の良さを重視する職場では、遅刻を繰り返したり自分の仕事を放置したりする社員に厳しい指摘がしづらいことも多いです。その状態が続くと、ルールが形骸化して統制が取れなくなります。

 成果を残せる会社・チームへの第一歩は、ルールの構築です。個人の能力に関係なく、誰でも守れるルールを作り、それを社員やチームメンバー全員に順守させてみましょう。そのルールを全員が順守するようになれば、たとえ組織やチームの方針が変わろうとも社員は即座にそれに従うようになりますので、成果を残しやすくなるのです。

 「雰囲気の良い職場にしたい」「社員に働きやすい環境を提供したい」という思いでルールの設定を嫌がる経営者やリーダーがいますが、そのせいで社員が働きにくくなっていることをまずは自覚してください。

社員に「どうせ言ってもムダ」と思わせる職場に欠けているもの

生成AIで1分にまとめた動画
 ルールには、もう1つ大事な役割があります。それは心理的安全性の醸成です。

 心理的安全性とは、組織内で誰もが自分の考えを率直に伝えられる状態を指します。これは、成果を残し続けるために、すべての経営者やリーダーが目指すべき状態だと言えるでしょう。もし、「こんなことを言ったら嫌われるかもしれない」と気にする社員がいたとしたら、それは心理的に安全とは言えません。

 なぜ、ルール設定が心理的安全性の向上に寄与するのか。人間は同じルールに従う人を仲間だと見なす特徴があるからです。ルールに従うとは自分の価値観を最優先しないことでもあり、そのルールを守りさえすればお互いに安全だと認識できます。

 雰囲気の良さを重視する経営者やリーダーも、本当は心理的安全性を高めたいのでしょう。たしかに、雰囲気を大事にすることで社員同士が表立って衝突はしなくなるでしょうが、全員が自分の価値観に従って行動する限り、意見は必ずぶつかります。

 そして結局、誰かが我慢を強いられるのです。「どうせ言ってもムダだな」と社員に思わせるような組織は、間違いなく心理的安全性が低い状態です。 【次ページ】“超自由”な会社で、離職が多発した本質的理由

関連タグ

関連コンテンツ

オンライン

~人的資本の最適配置をどう実現するのか?~ サイバーエージェントの人員計画を大解剖

サイバーエージェントの人員計画の作り方を徹底解剖 ・このような方におすすめ ・サイバーエージェントの人員計画に興味のある方 ・人員計画の作り方について、他社事例を学びたい方 ・サイバーエージェントの抜擢人事の極意を知りたい方 ABEMAをはじめとするB to C領域での存在感も高め、破竹の勢いで成長するサイバーエージェント社。 同社が次の時代を捉えた戦略的な積極投資で事業領域を広げていることは周知の事実です。 ?しかし、同社の躍進はカルチャーの浸透を軸に、事業計画に連動する適材適所の人員計画と人事制度なしには語れません。 人的資本開示が義務化されて初の決算を終えた今、改めて最先端をいく同社の人員計画の作り方や人的資本に関する取り組みを解剖するセミナーを開催いたします。 ?今回はサイバーエージェント社を初期から支え、CHOとして同社の人事領域を形作られてきた曽山氏をお招きし、同社の人員計画の極意に迫ります。 ?当日のテーマは以下です。 ・良い人員計画と悪い人員計画 ・サイバーエージェント社の人員計画の作り方のポイント ・抜擢人事の極意 ?人員計画に関わる全ての人事の皆さま、そして事業計画との最適化を経営目線で見る経営企画の皆さまにとって学びのある60分を提供いたします。 ぜひご参加ください。

オンライン

~P&G・マクドナルド・レノボ出身のFP&Aアドバイザーが語る~ 自社に合ったFP&Aの始め方

明日から取り掛かる、FP&Aの始め方 このような方におすすめ ・P&G/マクドナルド/レノボ出身のFP&Aプロフェッショナルによる事例解説に興味のある方 ・明日から取りかかれるFP&Aの始め方を知りたい方 ・グローバル基準のFP&Aを自社に合った方法で取り入れたい方 ・直近5年間で、日本企業においてもFP&Aや経営管理体制の構築の重要性についての理解が深まっています。 一方でその実行となると、「全社を巻き込むのが難しい」「どこから取り組めばよいか分からない」「取り組み事例を知りたい」といったお声を多く頂戴しており、ロールモデルに対するニーズが高まってるのが現状です。 そこで、今回はP&G・マクドナルド・レノボといったFP&A先進企業で日本子会社のCFO・FP&Aをつとめ、現在はFP&Aアドバイザーとして数多くの日本企業のFP&A実装に尽力されている池側氏をお招きし、事例をベースに「明日から何に取り組めばよいか」をご理解いただけるセミナーを開催いたします。 当日のテーマは以下です。 ・P&Gなど先進欧米グローバル企業のFP&Aとは ・FP&Aを実装している日本企業の事例 ・自社に合った形でFP&Aを始めるには 他社のFP&Aのお取り組みを知りたい方、FP&Aの高度化を推進したいマネージャー・経営層の方にぜひご参加いただけますと幸いです。

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます