開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/03/19

NHKの紅白歌合戦でアマゾンのAWS活用、クラスメソッドが支援

2013年末に行われたNHKの「紅白歌合戦」において、生放送中に番組と連動して出演歌手や楽曲情報などを提供するWebサイトやスマートフォン向けのセカンドスクリーンサービスに、アマゾンのクラウドサービス、AWSが採用されていたことが明らかになった。AWS関連のシステム開発を手がけるクラスメソッドが同社の手がけた事例として発表した。

photo
NHKの紅白歌合戦のセカンドスクリーンにおけるシステムイメージ

 2013年末の紅白歌合戦は、最高視聴率50%を何度か超えており、セカンドスクリーンへのアクセスも毎秒数十万の同時接続クライアントにのぼったという。

 そのメッセージ配信を行うため、AWSを活用してオンデマンドに調達した数百台の高性能サーバを利用。手作業での構築は一切行わず、すべてスクリプトを用いてインフラを構築した。

 本サービスは、大晦日のみ利用するミッションクリティカルな要求のため、リスクと負荷を軽減するために、複数リージョン・複数データセンターで構成したという。

 ネットワーク構築にAWS CloudFormation、データストアにAmazon DynamoDB、ソースリポジトリにAmazon S3、サーバ監視にはZabbix、メッセージ配信にAmazon SNS、WebSocket通信プログラムにNode.js、ログの収集にFluentd、ログ蓄積と解析にTreasure Data、ログのビジュアル化にTableau Desktopを用いた。

関連記事

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのトピックス

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!