開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/07/02

NEC、府中市の「衛星インテグレーションセンター」が稼働開始 投資額は96億円

NECは2日、人工衛星の組み立てや評価・試験などを行う「衛星インテグレーションセンター」の稼働を開始したことを発表した。

 「衛星インテグレーションセンター」は、経済産業省のイノベーション拠点立地推進事業「先端技術実証・評価設備整備費等補助金」の採択事業の一環で、NECの府中事業所に建設された施設。この稼働により、同社既存工場と合わせて最大8機の人工衛星を並行して組み立て可能となる。

photo
衛星インテグレーションセンター(左)と、大型スペースチャンバー

関連記事
 「衛星インテグレーションセンター」は、高さ50メートル、フロア面積9900平方メートルで、大型スペースチャンバー、20メートルを超える室内高を有する大空間作業室を備え、大型衛星に対応できるという。

 投資額は、建屋・設備を合わせて約96億円(うち、NECの実質的投資額は約76億円)。NECでは、衛星標準バス「NEXTARシリーズ」の自社一貫生産体制を整備し、環境監視・災害監視・測位などの衛星インフラ整備、アジアをはじめとする宇宙新興国の衛星需要などを取り込み、2020年度の宇宙関連事業規模1,000億円を目指す。

イノベーション ジャンルのトピックス

イノベーション ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!