開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/10/03

高松市、情報共有システム刷新で地方自治体向け「アリエル・エンタープライズ」を採用

アリエル・ネットワークと伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は3日、高松市の情報共有システムに「ArielAirOne Enterprise(以下、アリエル・エンタープライズ)」の地方自治体向けグループウェアが採用されたことを発表した。

photo
高松市が情報共有基盤を刷新

 香川県の県庁所在地である高松市は、現行のグループウェアシステムの更新時期にともない新システムを検討。現行システムに存在していた、「ユーザビリティ面」と「システム運用面」での課題を解決できる製品としてアリエル・エンタープライズを採用した。システム構築にあたっては、地方自治体で実績を有するCTCが担当した。

 刷新後は、ユーザビリティ面で利用者にとって直感的なユーザーインターフェースに変わったほか、コミュニケーション機能が拡充されたことでメール以外のコミュニケーションが可能になった。今後は、メール容量の圧縮とコミュニケーションの効率化を目指す。

 運用面では、各種マスタを数世代保持するなど、本番データに基づく事前検証や更新処理が可能となったほか、必要に応じてシステムの部品であるコンポーネントを追加することで、運用面での手作業を極力システム化していくという。

政府・官公庁・学校教育IT ジャンルのセミナー

政府・官公庁・学校教育IT ジャンルのトピックス

政府・官公庁・学校教育IT ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!