開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2017/10/11

ガートナー発表の「日本におけるハイプ・サイクル」、米国版との違いを見る

調査会社のガートナージャパンは、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年」を発表しました。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。


 米ガートナーは毎年、技術の登場から安定までを図にまとめた「先進テクノロジーにおけるハイプサイクル」を発表しています。ガートナージャパンが今回発表したのは、2017年現在の日本のIT市場においてITリーダーがいま押さえておくべき代表的な40のキーワードの、日本国内におけるトレンドです。

photo
「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年」から。画像縮小に伴い画像の右側にある「Plateau of Productivity」(生産性の安定期)欄を省略。赤線はPublickeyによる

 ハイプサイクルは、技術の登場から安定までを以下のステージに分けて説明したもの。

・黎明期(Innovation Trigger)
・「過度な期待」のピーク期(Peak of Inflated Expectations)
・幻滅期(Trough of Disillusionment)
・啓蒙活動期(Slope of Enlightenment)
・生産性の安定期(Plateau of Productivity)

黎明期にはIoTプラットフォームやロボティック・プロセス・オートメーションなど

 「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年」(以下、日本版)では、黎明期に「デジタル・ビジネス・プラットフォーム」「IoTプラットフォーム」や「ロボティック・プロセス・オートメーション」などが並んでいます。

 8月に発表された米ガートナーのハイプサイクル(以下、米国版)では、IoTプラットフォームは「過度な期待」のピーク期にあり、日本ではやや遅れていることがわかります。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

IT市場調査 ジャンルのトピックス

IT市場調査 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!