ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2017年10月11日

ガートナー発表の「日本におけるハイプ・サイクル」、米国版との違いを見る

調査会社のガートナージャパンは、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年」を発表しました。

執筆:Publickey 新野淳一


 米ガートナーは毎年、技術の登場から安定までを図にまとめた「先進テクノロジーにおけるハイプサイクル」を発表しています。ガートナージャパンが今回発表したのは、2017年現在の日本のIT市場においてITリーダーがいま押さえておくべき代表的な40のキーワードの、日本国内におけるトレンドです。

photo

「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年」から。画像縮小に伴い画像の右側にある「Plateau of Productivity」(生産性の安定期)欄を省略。赤線はPublickeyによる


 ハイプサイクルは、技術の登場から安定までを以下のステージに分けて説明したもの。

・黎明期(Innovation Trigger)
・「過度な期待」のピーク期(Peak of Inflated Expectations)
・幻滅期(Trough of Disillusionment)
・啓蒙活動期(Slope of Enlightenment)
・生産性の安定期(Plateau of Productivity)

黎明期にはIoTプラットフォームやロボティック・プロセス・オートメーションなど

 「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年」(以下、日本版)では、黎明期に「デジタル・ビジネス・プラットフォーム」「IoTプラットフォーム」や「ロボティック・プロセス・オートメーション」などが並んでいます。

 8月に発表された米ガートナーのハイプサイクル(以下、米国版)では、IoTプラットフォームは「過度な期待」のピーク期にあり、日本ではやや遅れていることがわかります。

IT市場調査 ジャンルのトピックス

一覧へ

IT市場調査 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

新野淳一 ガートナー

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング