ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2017年11月02日

VR・MRのマネタイズ方法、62事例から見えたビジネスモデル9種で理解する

注目を集めるVR(仮想現実)・MR(複合現実)だが、その市場をさらに拡大するためには、魅力的なハードウェアやコンテンツの拡充に加えて、より多くのユーザーへの露出やマネタイズが次の課題となる。VR・MRに関連した国内外の62社およびサービスから9種類のビジネスモデルが見いだされた。マネタイズの成功の鍵は、VRコンテンツの企画から販売までビジネス全体を設計すること、利用者のニーズに特化したソリューションを提供すること、適するパートナリングを構築することだ。

執筆:イグニション・ポイント 伊藤吉紀

VRとは何か?MRとは?それぞれ何が違うのか

 まずVR・MRの定義から入ろう。

 VR(Virtual reality)とは仮想現実と訳され、仮想空間を使ってユーザーに対してリアリティある体験を提供する技術のことである。ソニーがPlayStationで「PS VR」を発売したので、目にしたことがある人も多いだろう。

photo

ソニー・インタラクティブエンタテインメントが提供する
「PlayStation VR(PS VR)」


関連記事
 一方で、MR(Mixed Reality)は複合現実と訳され、現実空間と仮想空間を混合した上でリアリティを提供する技術である。

 VRとMRの本質的な違いは、ユーザーが体験する映像の中に現実空間を使うかどうかである。仮想空間上に構築するVRはゲームやCGを用いたエンターテインメントコンテンツ(主にコンシューマー用途)と親和性が高い。

 それに対して現実空間を併用する前提で構築されるMRは、研修・教育や作業支援といった用途(主にビジネス利用)との親和性が高い。

VR/MRの市場規模は2150億ドルへ

 IT専門調査会社IDCによると、世界のVR市場(AR(拡張現実)含む)は2016年〜2021年にかけて年率113%で急成長し、2021年に2,150億ドル(約24.3兆円)となることが予測されている。

photo

今後5年間のVR/AR(拡張現実)市場の成長率

(出典:IDC)


 また国内においては年平均67%成長が予測されている。筆者の実感としても、ほぼ毎日といっていほど、VRに関するニュースを目にし、イベントが開催されているような熱狂的な状況だ。

 今後もしばらくはゲームやエンターテインメントが市場を牽引する見込みが高いが、実感として、ここ半年くらいは不動産や営業支援を中心として業務用VR・MR市場が急拡大しつつあるようだ。

 ハードウェアの面では、今月に入ってからだけでも、10月4日にはグーグルがVRゴーグル Daydream View新モデルを発表。10月12日にはフェイスブック傘下のOculusがVRヘッドセット「Oculus Go」を発表。10月13日には、三菱地所などがVRコンテンツ開発会社のナーブに4.6億円の出資を発表した。また10月17日には、富士通がPC向けVR端末を発表している。



62社の事例から見えたVR・MRの主なビジネスモデル

 VR・MR事業を展開する例は多くみられるが、記事やレポートなどによって紹介されている例を対象に、国内外62社のサービスを調査したところ、主なビジネスモデルとして9類型化できた。それが以下である。

  1. プロダクトプレミアム
  2. Location based VR
  3. コンテンツ販売モデル
  4. ソフトウェア販売モデル
  5. ソリューションモデル
  6. プラットフォーム
  7. ワンストップモデル
  8. 広告モデル
  9. フリーミアム

 それぞれの詳細な説明は次の表をご覧いただきたい。

【次ページ】62事例から見えたビジネスモデル9種の詳細

VR/AR ジャンルのトピックス

一覧へ

VR/AR ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング