開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2018/07/02

ダイレクトリクルーティングのメリット・デメリットを解説、スカウトメール例文も

従来、企業は求職者からの応募を待つだけであった。しかし、より希少価値の高い人材を獲得するためには企業から求職者に積極的なアプローチをする必要がある。それが、「ダイレクトリクルーティング」と呼ばれる採用手法だ。この記事では従来の専用サービスだけではなく、リクルートやマイナビといった大手転職支援企業も提供するようになったダイレクトリクルーティングについて、各社のサービス一覧、メリットやデメリット、さらにはスカウトメールの例文も含めた具体的な手法まで紹介する。

田中 仁

田中 仁

大手総合商社にて10年間勤務し、新規事業開発を中心に資金調達、財務・会計等を担当。東京のほか、アメリカのベンチャーキャピタルやイギリスの金融機関等にて勤務経験もある。

photo
売り手市場、人事には希少人材を見つけてアプローチする「攻めの採用」が期待される
(©Elnur - Fotolia)

ダイレクトリクルーティングとは何か?従来の手法と何が違うのか

関連記事
 ダイレクトリクルーティングとは、企業が自社に合う人材を自ら求めアプローチする採用手法のことで、アプローチから内定までのプロセス全般を指す。欧米では、すでに多くの企業が取り入れており、ダイレクトソーシングとも呼ばれる。

 従来、企業は求人広告サイトなどを使い、求職者側からの応募を待つという手法が主流であった。しかし、日本国内における人口減少は顕著で、それによる人手不足は否めない。優秀な人材、自社にマッチする人材を求める企業は、「待ち」の姿勢だけではこの人材獲得競争において、よい人材を獲得しづらい状況になったのである。

 また、新卒採用後3年以内で退職してしまうケースも多く人材育成が追いつかないこと、採用コスト、人材育成におけるコスト削減等の理由から、新しい「攻め」の採用手法であるダイレクトリクルーティングは普及した。

画像
ダイレクトリクルーティングは、企業が求職者にアプローチする

 SNSやメールなどで個別にスカウトメールを送ったり、自社で開催したセミナーや交流会に集まった人材に声をかけたりといった手法のほか、ダイレクトリクルーティングに特化したサービスを利用したり、リクナビやマイナビなど従来の転職サービスの登録者向けに「スカウトサービス」という形で利用する方法など、攻めの手法は拡大しつつある。

 経験者や即戦力になる人材を求めるため、通常、ダイレクトリクルーティングは中途採用で用いられることが多い。しかし、徐々に新卒向けのダイレクトリクルーティングを取り入れる企業も見られる。従来の「大量エントリー型」よりも効率的に優秀で自社にマッチする学生と接触でき、採用後の離職率低下にも期待できるためだ。

ダイレクトリクルーティングのメリット

 ダイレクトリクルーティングのメリットはいくつか挙げられる。

 まず、転職に積極的でない「潜在層」に効果的なことである。転職市場における潜在層は、今すぐに転職する気はないものの、転職情報サイトに登録だけして良い求人があれば転職に踏み切ろうと考えている人材だ。米Linkedinの「2014年タレントトレンドレポート」によれば、その母集団は転職に接触的な顕在層よりの4倍にも及ぶという。

 母集団がそれだけ多ければ、必然的に優秀な人材も多く含まれる可能性が高い。その潜在層に企業側から直接コンタクトを取ることで、入社意識を高めやすい。

 さらに、採用コスト削減にもダイレクトリクルーティングは効果的である。求人広告や人材紹介サービスの広告掲載費、エージェント紹介料などには少なくない料金が都度発生する。もちろんスカウトサービス型であっても広告掲載費は発生するが、離職率の低い人材や本当に自社にマッチできる人材を獲得できる可能性が高いことから、一人あたりのコストは削減できることが期待される。

 加えて、ダイレクトリクルーティングは自社の採用力の向上にもつながる可能性が高い。企業の経営者、採用担当者などが自ら能動的に採用活動に取り組むため、成功・失敗の要因分析が容易になりやすい。

 実際にダイレクトリクルーティングサービスを利用したある人事担当者は「転職市場に出てこなかった人材で、かつ自社にマッチした逸材を獲得できた。一度会うまでが大変だったが、それ以降はとんとん拍子に話が決まった」とメリットを語る。

ダイレクトリクルーティングのデメリット

 一方で、ダイレクトリクルーティングにおけるデメリットもある。

 ダイレクトリクルーティングは、企業自らが働きかける必要があるため、当然、採用業務の負荷は増える。スカウトサービス型において、特に企業が苦心するのが「スカウトメールの文章作成」「対象の見極め」だ。

 求人広告や人材紹介サービスでは、時間こそかかるものの、自社の求める人物像を伝えることでこれらの負担は削減できていたが、採用担当者は既存業務をこなしながらこれらの業務に取り組まなければならない。

 また、モチベーションの低い転職潜在層に企業独自の色を出したアプローチが可能な反面、こうした見せ方のノウハウを身に付けることは容易ではない。成果を出すのに時間がかかるケースも多いので、採用担当者は中/長期的な効果を視野に入れてPDCAを回していくことが求められる。

 サービスを利用した現場の担当者からは、「人事部門では業務がわからず、現場主導で獲得に動いたため、非常に大きな負荷になった。特にメール作成は少しずつこなれてくる一方、もっとも欲しい人材は最初にアプローチしてしまうため、洗練されたメールを送ることができなかった」との感想も聞かれた。

ダイレクトリクルーティングのサービス例

 ダイレクトリクルーティングのサービス提供元は増えており、中途採用においては以下のような例が見られる(順不同)。

・リクナビHRTech 転職スカウト(リクルートキャリア)
・リクナビNEXT(リクルートキャリア)
・日経キャリアNET(日経HR)
・エグゼクティブ転職(日本経済新聞社、日経HR)
・マイナビ転職 スカウトサービス(マイナビ)
・DODA Recruiters(DODA)
・ビズリーチ(ビズリーチ)

【次ページ】ダイレクトリクルーティングの具体的な手法。どのようにアプローチすればよいのか?(スカウトメール例文も)

お勧め記事

人材育成・人材獲得 ジャンルのセミナー

人材育成・人材獲得 ジャンルのトピックス

人材育成・人材獲得 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!