ようこそゲストさん

  • 会員限定
  • 2018/10/16 掲載

Windows 10の機能更新サイクル、やはり早すぎた? 「2年ごと」へ緩和可能に

連載:山市良のマイクロソフトEYE

記事をお気に入りリストに登録することができます。
Windows 10の半期チャネル(SAC)リリースは、既定で年に2回、機能更新プログラムという名のアップグレードがあります。企業は適切に制御することで最大18カ月のサイクルに引き延ばすことができました。マイクロソフトは2018年9月初めにサポートポリシーに修正を加え、条件付きで2年ごとの更新サイクルを可能にしました。

フリーライター 山市 良

フリーライター 山市 良

IT 専門誌、Web 媒体を中心に執筆活動を行っているテクニカルライター。システムインテグレーター、IT 専門誌の編集者、地方の中堅企業のシステム管理者を経て、2008年にフリーランスに。雑誌やWebメディアに多数の記事を寄稿するほか、ITベンダー数社の技術文書 (ホワイトペーパー) の制作やユーザー事例取材なども行う。2008年10月よりMicrosoft MVP - Cloud and Datacenter Management(旧カテゴリ:Hyper-V)を毎年受賞。岩手県花巻市在住。
主な著書・訳書
『インサイドWindows 第7版 上』(訳書、日経BP社、2018年)
『Windows Sysinternals徹底解説 改定新版』(訳書、日経BP社、2017年)
『Windows Server 2016テクノロジ入門 完全版』(日経BP社、2016年)
『Windows Server 2012 R2テクノロジ入門』(日経BP社、2014年)
『Windows Server 2012テクノロジ入門』(日経BP社、2012年)
『Windows Server仮想化テクノロジ入門』(日経BP社、2011年)
『Windows Server 2008 R2テクノロジ入門』(日経BP社、2009年)
など

photo
サポートポリシーが修正され、最大2年半の更新サイクルでWindows 10クライアントを運用できるようになった
(©Stuart Miles - Fotolia)

Windows 10の半期チャネル(SAC)について再確認

 Windows 10は当初、一般向けに「Current Branch(CB)」としてリリースされ、4カ月後に企業向けに「Current Branch for Business(CBB)」としてリリースされる、というサービスモデルで提供が始まりました。その後、これらは「半期チャネル(Semi-Annual Channel:SAC)」に統一され、Windows 10にこの名称が反映されたのはWindows 10バージョン1709からです。

 WindowsのUIやポリシーとしては、Windows Update for Business(WUfB)のポリシーのCBとCBBがそれぞれ、「Semi-Annual Channel(Targeted)/半期チャネル(ターゲット指定)」(バージョン1803の日本語表現は「半期チャネル(対象指定)」、SAC-Tと表現されることがあります)と「Semi-Annual Channel/半期チャネル」の更新チャネルの選択肢に置き換えられ、実際、Windows UpdateやWSUSによる配布のタイミングも従来から変更されなかったことから、半期チャネルに一本化されたのではなく、単なる名称変更ととらえた人が多数だったようです。

連載一覧
 マイクロソフトとしては、Windows 10は半期チャネル向けにリリースされ、個人、企業に関係なく、準備ができた段階で展開できるということ意図していました。

 SACーTとSACの区別は、WUfBポリシーを使用して遅延制御するための対象化のオプション(パイロット展開用と全社展開用)という位置付けです。Windows 10バージョン1803からは、完全に新たなサービスモデルに移行しようとしていました。

 たとえば、Windows 10バージョン1709までは、WSUSへの機能更新プログラムの同期はWUfBポリシーでの「半期チャネル」向けのリリースと同時でしたが、Windows 10バージョン1803からは一般向けのリリースと同時でした。

 しかし、これが少なからず混乱を招いてしまい、次のようなアナウンスを発表するに至りました。

参考リンク:
Windows 10のサービスオプションとSAC-Tの終了について

 2018年10月2日(米国時間)には、最新のWindows 10 October 2018 Update(バージョン1809)がリリースされましたが、WSUS向けにも一般向けリリースと同時にWindows 10バージョン1809の機能更新プログラムが提供されました(注1)。WSUSやSystem Center Configuration Manager(配布ポイントはWSUS)を利用している企業は、SACやSAC-Tに縛られることなく(関係なく)、これらの機能で対象を限定してすぐにパイロット展開を開始でき、検証を終えたら全社展開に進むことができます(図1)。

画像
図1:WSUS環境では、SAC-TとSACとはまったく関係なく、その企業の判断で機能更新プログラムを展開できる(リリース日2018/10/03のWindows 10バージョン1809の機能更新プログラムはその後、撤回されました)(注1)
注1:リリース後、ユーザーファイル消失問題が報告され、数日後にはWindows Udpateによる機能更新プログラムの配布、インストールメディアの提供、およびWSUSへの機能更新プログラムへの提供は停止されました。この問題に関する経緯と今後の対応については、Windows 10 update history(https://support.microsoft.com/en-us/help/4464619)で確認してください。Windows 10バージョン1809は、修正版の機能更新プログラムとインストールメディアで再リリースされる予定です。

EnterpriseおよびEducationエディション向けの特例措置の延長と固定化

 Windows 10の半期チャネルの各機能更新バージョンには、原則として18カ月(1年半)の期間、品質更新プログラムの提供がサービスされます。Windows 10の導入をこれから始める、あるいはようやく進める企業にとって、Windows 7やWindows 8.1の最短でも10年サポート(メインストリーム5年+延長サポート5年)という長期にわたる品質更新サポートと比べると、あまりにも更新サイクルが短すぎます。

 そこで、Windows 10バージョン1511、1607、1703、1709では、Windows 10 EnterpriseおよびEducationエディションを限定として、品質更新プログラムの提供を6カ月間延長するという特例措置が行われました(Windows 10バージョン1511は既に延長期限が過ぎました)。

【次ページ】 半年の検証期間+2年ごとの更新サイクルでの運用が可能

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます