開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2019/09/02

効果的な動画広告の作成方法とは? “勝ちパターン”を見つける最短4ステップ

実用が近づく5G環境下では、大容量×低遅延の超高速通信により、高画質な動画などリッチコンテンツがサクサクと見られるようになります。視聴者に容量の大きいコンテンツを配信できるようになることで、静止画に比べ圧倒的に多くの情報量を伝えることができる動画広告が増えます。では、5G時代でも変わらない“勝てる”動画広告はどのように制作すればよいのでしょうか。具体的に4つのステップで解説します。

カクテルメイク カスタマーサクセス責任者 毛利直矢

カクテルメイク カスタマーサクセス責任者 毛利直矢

photo
「勝つ」動画広告を作るノウハウとは
(Photo/Getty Images)

動画クリエイティブ制作は4ステップで制作

 効果的なクリエイティブの運用で、“勝てる”動画広告をつくるには、クリエイティブ制作に取り掛かる前の準備と設計が欠かせません。検証を通した勝ちクリエイティブの創出から複数サイズを展開し、配信先へ展開していきます。そして、クリエイティブのライフサイクルも考えて、新たな勝ちクリエイティブを創出し続けることが重要です。

画像

 では、クリエイティブ制作の基本となる4STEPを解説していきます。

 まずは、ターゲットに対してどのような訴求がハマるのかをテストする「STEP1:訴求テスト」です。

 動画というと見た目の印象が強いために、クリエイティブを制作していく際にもデザインやモーションに意識が行きがちですが、「ターゲットに対して適切なメッセージを伝えられるか」が最も重要です。

 そのため、クリエイティブを制作していくにあたり、商材理解とターゲット理解が欠かせません。商材については、競合他社と比較した際の優位性を整理し、ターゲットについては、ペルソナ分析を顧客インタビューなどを通して掘り下げ、解像度を高くしておきます。

 次に、複数の訴求の言い回しや、訴求にあった背景素材をテストする「STEP2:ブラッシュアップテスト」です。この段階でターゲットに刺さった訴求の最適な伝え方を見つけます。

 そして、確定した内容のまま、デザインを複数テストする「STEP3:見せ方テスト」の結果、勝ちクリエイティブが確定します。

 最後は、「STEP4:複数サイズ展開」で、勝ちクリエイティブを縦・横・正方形など配信先の媒体別に複数サイズ展開し、CPAの改善など、テスト全体にかけている費用も含めた費用対効果を検証します。

 また、勝ちクリエイティブの訴求を商品に関するランディングページのメインビジュアルに反映させることで、クリエイティブとランディングページの誤差がなくなり、CVRの向上が期待できます。

 運用の注意点としては、テスト項目以外の要素を絶対に変更しないことです。変更してしまうと変数が増えてしまい、正確なテストにはなりません。常に何を検証しているのかを見失わない注意が必要です。


動画は構成も4段階

 準備ができたら、構成を考えなければいけません。構成は動画クリエイティブの土台となるものです。静止画に比べるとストーリーを伝えられる反面、時間軸やアニメーションなど要素が複雑なため、構成が難しいといわれます。動画クリエイティブの構成の作り方を確認していきましょう。

 動画クリエイティブをシンプルな要素に分けると、「冒頭」「メイン」「締め(Call To Action)」になります。

 この「メイン」部分は、当社が発表した「AIBAC」というフレームワークで考えると、よりよく理解できるでしょう。 メイン部分は、Attention(注意喚起)、Interest(興味関心)、Benefit(利益)、Action(行動喚起)で成り立ちます。

画像
カクテルメイクが発表したクリエイティブ制作のためのフレームワーク「AIBAC(アイバック)

 最も重要なのがAttention(注意喚起)です。SNSのユーザーは1.7秒かけて画面をスクロールするともいわれ、タイムラインに流れるインフィード広告もすぐに流れていきます。特にスマートフォンを幼いときから触っているスマホネイティブ世代は「見る・見ない」の判断が早いです。そのため、冒頭2秒で惹きつける仕掛けが必要です。

 一瞬で興味を引くために、「司法試験に現役合格」などターゲットに響くキーワードやアニメーションなどを使い、動画に動きをつけるなど工夫が必要です。「野菜足りてる?」など疑問形で自分ごと化させるのも効果的な手法です。

 次に、Interest(興味関心)ですが、Attntionでつかんだ注意を興味関心に変えていくようにします。訴求する商品の認知度が高ければ、商品を見せることも効果的でしょう。「転職者の3人に2人が年収アップ」「体系や年齢でも検索できる」など、商品の特徴をわかりやすく伝えます。Attentionで疑問形のメッセージを出していれば「1日分の野菜がこれ1本」のように解決策を提示します。

【次ページ】効果検証はA/Bテストで地道に進める

お勧め記事

コンテンツ・エンタメ・文化芸能・スポ... ジャンルのトピックス

コンテンツ・エンタメ・文化芸能・スポ... ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!