ようこそゲストさん

  • 会員限定
  • 2020/07/02 掲載

SaaSベンダーとの契約交渉10のポイント、どうすれば調達コストを最適化できる?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
新型コロナウイルスによる影響で、IT部門へのコスト削減圧力が急速に高まっている。その対応での柱の1つが、新規調達をできる限り安く抑えることだ。ただし、“売り手”と“買い手”との価格交渉は、そう簡単に済むものではない。そうした中で、特に昨今導入が増えてきているSaaSベンダーとの交渉はどう進めればよいのか。ガートナー リサーチ&アドバイザリ部門 シニア ディレクター,アナリストの土屋隆一氏が、ガートナーがまとめたITベンダーとの価格交渉フレームワークを基に解説する。
※本記事は2020年6月に配信されたガートナー Webinar「ITベンダーとの交渉を成功に導く10のテクニック」の内容をもとに再構成したものです。

画像
SaaSを導入する上で注意すべきポイントとは?
(Photo/Getty Images)


ITベンダーとコスト交渉で対峙するフレームワーク

 新型コロナウイルスによる国内の景気後退を受け、多くの企業でITコスト削減に向けた動きが本格化しつつある。その方策の1つが調達コストの削減だが、実のところ、その推進は「言うは易く行うは難し」だ。ガートナー リサーチ&アドバイザリ部門 シニア ディレクター,アナリストの土屋隆一氏は、「交渉の窓口となるベンダーの営業担当は交渉技術を学び、経験も積んでいます。対して調達側は往々にしてそれらが不足しがちなため、苦戦が強いられがちなのです」と説明する。

 そうした中、ガートナーでは、昨今、企業の調達額が増えているSaaSや業務委託サービスに関する、ITベンダーとの交渉のフレームワークを策定しているという。それは「準備」「見積評価」「交渉」の3つの視点による、10のポイントから構成されている。

画像
ITベンダーとの交渉において見落としがちな10のポイント
(出典:ガートナー)


ベンダーの出方は交渉のタイミングで変わる?

 まず、「準備」フェーズの出発点であり、1つ目の取り組みとなるのが、調達要件に関わるステークホルダーとの連携による、「調達要件と交渉材料を洗い出し」だ。

 具体的には交渉のリーダー役を決めて、そこに集約される情報を基に交渉の戦略を練る。そこで欠かせないのが、社内のステークホルダーの「ビジネス拡張の可能性」「IT部門の各種容量計画」「IT基盤のロードマップ」「関連製品の調達見通し」などを網羅的に把握しておくこと。これにより「攻めの手札を集めるとともに、こちらの譲れない一線も明確にしておくのです」(土屋氏)。

 2つ目は、交渉の難航時に備えた「代替施策案の事前検討」である。検討すべき切り口の代表例は、SaaSでは「シェアが拮抗していて現実的に採用できそうな他社サービスはあるか」「販社を切り替えることはできないか」など。業務委託では「ロックインに陥らないために、システムの一部だけでも他ベンダーに業務を移せないか」などだ。

画像
代替施策案の代表例。これらの検討を通じて、攻めのカードを揃えていく
(出典:ガートナー)

 3つ目は、「ベンダーの固有情報の収集による、交渉材料の洗い出し」だ。

「ベンダーは総じて決算期や新サービスの投入時の売り上げを重視しています。そのため、タイミングが合えば、より大きな値引きを期待できるほか、他部門へ話をつなぐことを交渉材料にすることも可能なのです」(土屋氏)

 4つ目は、「ベンダーの提案意図の把握」だ。ベンダーは魅力的な提案で企業からの受注を目指すが、当然、そこにはベンダーなりの考えがある。これを逆手に取ることを目指すのだ。そこで、特に理解が必要と土屋氏が強調するのが、いわゆる期間限定の特別なオファーについてのものだ。確かに、特別な値引きなどは魅力的だ。しかし、裏を返せば相手がそれだけ契約に結び付けたいと考えてのオファーであり、提示期限直前まで粘ることで譲歩を望める可能性が高いという。

「対案として、提示期限が切れるまで内容を検討し、合意に至った場合は検討開始時期のコストで契約し、契約に至らない場合には、ベンダーが負担する実費を負担することを提示することも1つの手でしょう。また、ここまで話が来れば、ベンダーも見込み顧客をそうそうは手放そうとせず、その後も交渉も継続できる可能性が高いのです」(土屋氏)

【次ページ】“一式”の見積書の無駄を個別分解で排除する

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

Amazon DynamoDBとは何かをわかりやすく図解、どう使う?テーブル設計の方法とは

非常にわかりやすくまとまった良い記事ですが、技術的な誤りがあるので指摘させていただきます。

こちらについては恐らくDynamo論文(Dynamo: Amazon's Highly Available Key-value Store)を参考に記述されていると思われますが、Dynamo論文で説明されているDynamoと、今AWSで提供されているDynamoDBは名前を引き継いでいるだけで全く別のDBMSです。
DynamoDBはDynamoやSimpleDBS3、S3の知見をもとに開発されています。
https://www.allthingsdistributed.com/2012/01/amazon-dynamodb.html

今年公開されたDynamoDBの論文に記述がある通り、Multi-Paxosでリーダーの選出、合意形成を行う仕組みであり、leader replicaのみが書き込みを受け付けます。
(つまりパーティション単位に単一障害点が存在します)
https://assets.amazon.science/33/9d/b77f13fe49a798ece85cf3f9be6d/amazon-dynamodb-a-scalable-predictably-performant-and-fully-managed-nosql-database-service.pdf
> The replication group uses Multi-Paxos [14] for leader election and consensus. Any replica can trigger a round of the election. Once elected leader, a replica can maintain leadership as long as it periodically renews its leadership lease.
>Only the leader replica can serve write and strongly consistent read requests. Upon receiving a write request, the leader of the replication group for the key being written generates a write-ahead log record and sends it to its peer (replicas).

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます