開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 会員限定
  • 2014/03/17

なぜエンタープライズITでHTML5が注目されているのか?Web業界のキーパーソンが議論

企業によるモバイルデバイスの利用や、Web技術を使ったシステムの増加によって、エンタープライズ向けITにおいて「HTML5」が注目されている。HTML5は、オープンなWeb標準規格として期待される一方で、これまではなかなか浸透してこなかったが、「エンタープライズでは今年がHTML5の元年になる」との声も聞かれるようになってきた。2月28日に開催された、エンタープライズに特化したWeb標準技術のカンファレンス「Enterprise x HTML5 Web Application Conference 2014」では、「HTML5はエンタープライズITにどのような影響を与えるのか?」「 どういう価値をもたらすのか?」という観点から、Web業界のキーパーソンらによるパネルディスカッションが開催された。

フリーライター 井上 猛雄

フリーライター 井上 猛雄

1962年東京生まれ。東京電機大学工学部卒業。産業用ロボットメーカーの研究所にて、サーボモーターやセンサーなどの研究開発に4年ほど携わる。その後、アスキー入社。週刊アスキー編集部、副編集長などを経て、2002年にフリーランスライターとして独立。おもにロボット、ネットワーク、エンタープライズ分野を中心として、Webや雑誌で記事を執筆。主な著書に『キカイはどこまで人の代わりができるか?』など。

いま、なぜHTML5が注目されるのか?その背景と理由

 パネルディスカッションに登壇したのは、Web技術者コミュニティ「html5j」を運営する白石俊平氏、「RIAコンソーシアム」の理事でマイクロソフトに所属する春日井良隆氏、エンタープライズITとWeb標準の今を発信する「html5jエンタープライズ」の川田寛氏。またコーディネータをHTML5 Experts.jp副編集長の仲 裕氏が務めた。

photo
(右から)
RIAコンソーシアム 理事、日本マイクロソフト UI/UXエバンジェリスト 春日井 良隆 氏
html5j 管理人、JOWA 理事、オープンウェブテクノロジー 代表取締役 白石 俊平 氏
html5jエンタープライズ コミュニティ代表、NTTコムウェア 技術SE部 川田 寛 氏

関連記事
 まずコーディネータの仲氏が「HTML5がなぜ、ここまで話題になり、技術者の間で受け入れらているのか?」というお題をパネラーに投げかけた。

 口火を切ったのは春日井氏だ。同氏は「最初にHTML5が受け入れられたのは、プラグインが不要だったことが大きな理由だと思います。特にエンターテインメント系のクリエイタの世界で受けたのが出発点。canvasタグやvideoタグがあれば、もうFlashやSilverlightもいらないというぐらい、もてはやされました。そしてInternet Explorer(以下、IE)9やIE10が出たころぐらいからAPIも充実し始め、そのあたりからエンタープライズ分野でもHTML5が使えるのでは?と注目を浴びてきました。もともとエンジニアはオープンソースを好きな人が多いため、オープンな仕様のHTML5は心理的にも受け入れられる素地があったように感じています」と説明した。

 html5jの管理人である白石氏は、「まずWebで動画を見たい、という世の中のニーズがありました。それまでもWeb画面をリッチにしたいという要求に応えるために、IE側で独自実装を試みてきたのですが、なかなか標準化が追いつかず、うまく浸透しませんでした。そのため、とりあえずベンダー側でプラグインによって対応することになったわけです。次に“標準”という舞台で、ユーザーニーズに応えられる技術としてHTML5が登場した、という流れだと思います」と、この6年間を振り返った。

 Web標準技術やエンタープライズITに詳しい川田氏は、「やはりプラグインが使いづいらいという問題が根底にあったと思います。2010年前後に、アップルがFlashの非対応を発表しましたが、当時Flexでシステム開発に携わっていた私は大変な目にあいました(笑)。さらにHTML5が受け入れられたのは、マルチデバイスへの対応が大きいと感じています。その背景として“MEAP(ミープ)”という概念がガートナーから提唱され、数年前からIBMやSAPなどの大手ベンダーでも提供され始めたことが挙げられます。MEAPはリッチな画面づくりに役立ちますが、開発だけでなく、運用管理、バージョンアップなど、アプリケーションのライフサイクル全般をカバーしており、多くのコンシューマ系モバイルデバイスを業務システムで容易に利用できるプラットフォーム(ツール)で、今後特に注目するべき概念だと思います」。

【次ページ】上場企業2000社のHTML5の浸透割合は?

Web開発 ジャンルのセミナー

Web開発 ジャンルのトピックス

Web開発 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!