開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/01/08

東京海上日動あんしん生命保険、アジャイルとHTML5で保険申し込みシステムを開発

東京海上日動あんしん生命保険(以下、あんしん生命)は、従来は紙で行っていた生命保険申込手続きを、スマートデバイス上で実現するペーパーレス生命保険申込手続きシステム「らくらく手続き」を開発し、本格運用を開始した。富士通が手がけた。

関連記事
 本システムは、従来は紙で行っていた生命保険申込手続きを、スマートデバイス上で実現するシステム。スマートデバイスの違いによって操作性、見た目の違いなどの非互換が発生しにくいHTML5で構築することで、Windows、Android、iOSなどOSに依存せずに利用できる環境を整えた。

 インターネットに接続可能な環境であれば、あんしん生命の代理店オンラインシステムを経由し、代理店・取扱者が使っているノートパソコンやタブレットで本システムを利用できる。

 本システムでは、タブレットからでも、パソコンの周辺機器であるペンタブレットからでも、署名データを取り込むことができる自署機能を装備した。電子署名入力では、OSやタブレットの機種によって文字のかすれや切れなどが発生することがあるが、富士通はこの問題を解消した電子自署機能をあんしん生命と共同で開発した。

 画面から入力された顧客情報は、あんしん生命のデータセンターに送信され、代理店・取扱者の端末には残らないため、万が一、紛失・盗難の場合でも、個人情報漏えいを防ぐことができる。また、データセンターに情報を保管しているため、津波や火災などでオフィスが被災した場合にも、申込手続きの情報を失うことはなく、申込手続き中の書類の情報遺失も回避でき、申込手続きの継続も可能になった。

 なお、今回のシステム開発では、アジャイル開発技法とテストの自動化を導入。構築途中でのオーナー部門の要求変更に柔軟に対応しながらも、スピーディーな開発を実現した。テストの自動化では、オープンソースソフトウェア(OSS)のテストツールを活用し、システム全体の整合性を確認する回帰テストを自動的に行うツールを整備した。

 富士通調べによれば、大手生命保険会社の基幹業務システム開発に、アジャイル開発技法を用いたのは初という。

Web開発 ジャンルのトピックス

Web開発 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!