開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/11/30

日本マイクロソフト、法人のWindows8搭載タブレット導入を支援するアプリ検証ラボ

日本マイクロソフトは、Windows 8 タブレットの法人向け導入を支援する「Windows 8 アプリ検証ラボ」を、同社の大手町テクノロジーセンター内に本日より来年3月末までの期間で設置すると発表した。

photo
Windows 8
関連記事一覧
 「Windows 8 アプリ検証ラボ」では、デバイス パートナー各社が提供する最新の法人向けWindows 8やWindows RTが搭載されたタブレットを設置し、タッチ操作やペン入力に対応するなど、Windows 8に最適化された業務アプリを検証する環境および設備を提供する。

 開始当初は、17社のパートナー企業が37のWindows 8導入支援サービスが利用できる。そのほか、Active Directory、SharePoint、Lyncといったマイクロソフト製品やインターネット環境が提供される。

 本検証ラボで早期検証を行うことで、Windows 8タブレットの導入を推進するシステム インテグレーターおよび開発パートナーは、円滑かつ迅速なWindows 8導入施策の展開が可能になるという。

 また、各デバイスでのアプリの動作確認、パフォーマンス検証をはじめ、クラウドサービスなどのマイクロソフトのソリューションとの連携も含めて検証を行うことができるため、Windows 8導入を検討している法人では、短期間でのタブレットデバイス、最適化された業務アプリおよび連携ソリューションを円滑に導入できるとしている。

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのトピックス

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!