開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2013/05/15

マイクロソフト、年内にWindows 8.1を無償アップデート提供 UI変更が焦点

米マイクロソフトは14日、Windows Blueという開発名だったWindows 8の改良版を「Windows 8.1」という正式名称とし、年内に無償アップデートで提供すると発表した。

 Windows 8.1のPublic Preview版は、6月26日に開催されるBuild 2013で発表の予定。アップデートは、Windows 8のほか、ARM版のWindows RTも対象になる。

 Windows担当CMOでCFOのTami Reller氏は、Windowsストアを通じてWindows 8.1を提供することを表明、ユーザーのために今後も継続的にアップデートを提供するとしている。

 2012年第4四半期の国内PC出荷台数は、新しいOSが発売された四半期としては初のマイナス成長となったほか、世界的にみても第1四半期のPC出荷台数も過去最大の減少に陥っていた。米IDCプログラム担当副社長、ボブ・オドネル氏が「UIの根本的な変化、おなじみのスタートボタンの削除、タッチ機能を搭載が価格に反映してしまった結果、PCの魅力を減らすことになった」とするなど、厳しい評価が相次いでいた。

関連記事

OS ジャンルのトピックス

OS ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!