開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/11/06

日産・ルノーと三菱自動車、グローバルな商品技術で提携へ 合弁会社でEV開発

ルノー・日産と三菱自動車は5日、商品、技術、生産能力を3社で共用する新たなプロジェクトを共同で検討すると発表した。従来からあった日産と三菱自動車の戦略的協力関係が、仏ルノーを含めてグローバル展開にまで拡大することになる。

 日産自動車と三菱自動車は2011年より軽自動車を共同開発する合弁会社「NMKV」を設立済み。同社で手掛けた初の商品である、日産「デイズ」と三菱「eKワゴン」が今年日本で発売された。両車とも三菱自動車の水島製作所で生産されている。

 今回の発表ではまずNMKVでの取り組みを発展・強化し、電気自動車バージョンを含む、新たなグローバルエントリーカーの共同開発を検討する。この車両は、日本国内市場で人気の高い軽自動車のプラットフォームをベースとする予定という。

 また、ルノーと三菱自動車は、ルノーの車両をベースにした三菱ブランドの新型セダン2車種を北米向けに開発する。

 セダンの第1弾は、米国およびカナダのDセグメント市場に投入を予定するもので、生産場所は韓国、釜山のルノー・サムスン工場となる。セダン第2弾は、グローバルのCセグメント市場に投入を予定するもので、生産工場は現在協議中という。

 今回の広範囲な提携について、ルノー・日産アライアンスの会長兼CEOのカルロス ゴーン氏は、「日産と三菱自動車は、今までもいくつかの協業を行い、メリットを享受してきました。最も新しい協業は、日本での軽自動車の合弁会社の成功です。この協力関係の拡大に向け検討を行っていくことを喜ばしく思います。これは、日産と三菱自動車の間の生産的な協力関係をさらに活用し、ルノーに新たな機会をもたらすことになります。」との声明を発表。

 三菱自動車社長の益子修氏は、「三菱自動車は、今までの日産自動車との共同プロジェクトの結果として、再び日産と、そして今回はルノーとも、さらなる協業を共に推進していけることを嬉しく思っています。この新たな機会は、三菱自動車と日産の現行の共同プロジェクトが有益な成果をもたらしていることの証と言えます。私たちは、ルノー・日産アライアンスとの共同プロジェクトにより、さらなるメリットがもたらされることを願っています。」とコメントを発表している。

製造業IT ジャンルのセミナー

製造業IT ジャンルのトピックス

製造業IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!