開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/01/08

ソーシャルメディア分析ツール・監視ツール6社を比較、活用のポイントは?

連載:ソーシャルメディアの企業活用リスクマネジメント

企業にとって、ソーシャルメディアから得られる情報の重要性は前回の記事で解説した。しかし、その重要性はわかっていても、具体的にどのような手法で把握すれば良いのかということで悩む担当者も多いのではないだろうか。そこで便利なのがソーシャルメディア分析・監視ツールだ。ソーシャルメディアや匿名掲示板を分析すると言っても、それぞれに特徴があり、目的に応じて選定する必要がある。そこで今回は6社(+8社)のソーシャルメディア分析ツールを中心に取り上げて、その特徴を比較する。さらにこれから、ソーシャルメディアの分析ツール導入を検討している企業はぜひ参考にしてほしい。

akinice design 平野逸平

akinice design 平野逸平

akinice design 代表取締役
ソーシャルメディアコンサルタント/ソーシャルメディアのリスク対策からマーケティングの活用方法の提案。1981年生まれ。大阪府大阪市出身。愛知工業大学卒業後、通信会社にて約8年間、法人向けのソリューション営業を行い、2011年にソーシャルメディアコンサルタントとして独立。 facebook、Twitter、ブログなど、誰もが自分で情報発信をできる『ソーシャルメディア時代』。企業のソーシャルメディア戦略サポートで基本方針やガイドラインの策定、教育研修、炎上対策、運営などをトータル的にサポートする。
ホームページ: http://www.akinice.com

ソーシャルメディアの分析ツール選定のポイント

連載一覧
 ソーシャルメディアや匿名掲示板を分析・監視するツールは今やさまざまな企業が提供しているが、まだこれといった決定版はなく、それぞれに特徴がある。そこで、ソーシャルメディアの分析ツールの選定時には、機能評価についていくつかのポイントをおさえておきたい。

 最初のポイントは、どのソーシャルメディアサービスに対応しているかである。分析の対象となるソーシャルメディアが多ければ多いほど得られる情報も多くなるが、それをすべて活かすのかどうかという問題もある。また、各ソーシャルメディアはユーザー層や文化も異なる。そのため、目的や予算に応じて、自社のことが語られやすいソーシャルメディアを外さないようにしたり、ソーシャルメディア分析で何を得たいと考えているかという目的に合致したソーシャルメディアサービスをなるべく取り入れるようにしたい。

 2つめのポイントは、ソーシャルメディアに投稿される情報からどのようなデータを引き出せるのか?である。特に、ポジネガ分析と呼ばれるような“投稿された情報から投稿者の感情を分析できる機能”や情報の拡散範囲に大きく影響する“インフルエンサーの把握とその影響範囲”などは重要なポイントとなる。

 今回は、代表的な6社のソーシャルメディア分析ツールについて、分析できるソーシャルメディア、センチメント分析、インフルエンサーに関する分析、費用などについて比較紹介する。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのトピックス

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!